「当然、帰国したほうがいいが…」日本での待機が続く韓国人Jリーガーたちの“いま”

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年04月30日

「2か月以内に再開されるとは思えない」と韓国紙

左からナ・サンホ、キム・ヨングォン、キム・スンギュの現役韓国代表トリオ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 韓国の全国スポーツ紙『スポールソウル』日本語版が、日本での待機が続く韓国人Jリーガーたちの現状にスポットライトを当てた。

 新型コロナウイルスの脅威が日本国内で広がるなか、Jリーグは第1節(2月21~23日)を終えて以降、長期の中断期間に突入した。最短で6月13日の再開を目ざしているが現実味に欠けており、いまだ先行きが不透明な状況だ。各クラブも大半がチーム練習再開のメドが立っていない。選手たちは自宅での待機を余儀なくされ、自主トレーニングに精を出している。

 同紙は日本における最新の感染状況を伝えながら、「現在の日本の雰囲気を見ると、Jリーグで活躍している韓国選手の健康状態も憂慮せざるをえない」と記述。キム・ヨングォン(ガンバ大阪)、ナ・サンホ(FC東京)、キム・スンギュ(柏レイソル)、クォン・スンテ(鹿島アントラーズ)、チョン・ソンリョン(川崎フロンターレ)、キム・ジンヒョン(セレッソ大阪)ら30人を超える韓国人選手が在籍している事実を明かし、「彼らの大半は日本に滞在し、シーズン再開を待っている」と報じた。

 そして、「実際、このような時は選手の立場からすると、新型コロナがある程度落ち着いた韓国にいたほうがいい」と主張。「韓国と日本は物理的な距離が近いのでその気になればいつでも渡ってくることができるが、チームの事情を考慮すると、離脱は難しい」と続けた。

 さらにJリーグの事情に詳しいあるエージェントのコメントを引用。その人物は「当然、韓国に戻ったほうがいいが、チームに他の外国人選手もいたため、個人行動は容易ではない。チームの許可を得なければならないのに、一人だけ韓国に帰るというわけにはいかないじゃないか」と語り、「気をつけて過ごすしかない状況だ。外出を控えながら健康管理に心掛けている」と説明している。

 
 感染の拡大が鎮静化しつつある韓国では、Kリーグが無観客試合ながら5月8日の開幕をひとまず決定した。

 同紙は「一方で日本はJリーグの開店休業期間が長期化する兆しを見せている」と論じ、「2か月以内に再開されるとは思えない。(韓国の)選手たちもこの点を認知している。どうすることもできないので、健康に気をつけながら待たなければならないようだ」といった別の関係者の発言を紹介している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
参照元●スポーツソウル日本語版
【関連記事】
「なにがスゴイって…」「異次元だよ」水原三星キャプテンが舌を巻いた“名手イニエスタの真髄”
「催涙ガスで涙をボロボロと…」韓国の英雄ソン・フンミンが臨む“過酷な新兵訓練”に海外注目!
「日本と韓国は似ている。ただ…」名手ファルカオは両代表チームの“違い”をどう見ている?
「素敵な一枚!」「やっぱり可愛い」韓国女子サッカー界の女神、イ・ミナの“お見舞いショット”にファン反響!
「まさに怪物級だ!」「総工費1820億円」広州恒大が公開した“斬新すぎる新スタジアム”に欧米騒然!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ