【ルヴァン杯】川崎がホームで鹿島に3-1先勝!2年ぶり5度目の決勝進出へ王手

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月09日

鹿島が白崎のアウェーゴールで先制するが…

同点弾を決めた守田(左)と決勝点を決めた脇坂(28番)。写真:徳原隆元

画像を見る

 ルヴァンカップは10月9日、各地で準決勝第1戦を開催。等々力陸上競技場では、川崎フロンターレ対鹿島アントラーズの一戦が行なわれ、川崎が3対1で先勝した。

 試合はアウェーの鹿島が立ち上がりから果敢な仕掛けを見せると、開始10分、レアンドロからの鋭いクロスに白崎凌兵が反応。ダイビングヘッドで川崎ゴールに叩き込み、鹿島が先制する。

 いきなりアウェーゴールを献上してしまった川崎だが、徐々にペースを握り返し、27分にはゴール前のこぼれ球に反応した守田英正が左足を一閃。鮮やかにゴールネットを揺らし、ゲームを振り出しに戻した。

 1-1で折り返した試合は後半、川崎がボール支配で上回り、チャンスをつくり出していくが、鹿島も粘り強い守備でゴールを割らせない。しかし終盤に入った82分、川崎は大島僚太からのクサビのパスを受けた阿部浩之が後方から追い越した脇坂泰斗へラストパス。これを脇坂が右足で押し込み、ネットを揺らした。川崎が勝ち越しに成功する。

 さらに川崎は85分にもCKからのこぼれ球を阿部が左足で押し込み3点目を奪う。結局、第1戦は川崎が3-1で勝利を収めた。初優勝を目指す川崎は、2年ぶり5度目となる決勝進出へ王手をかけた。

 第2戦は10月13日、鹿島のホーム、県立カシマサッカースタジアムで行なわれる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ