【日本代表】「急増する海外組をどうチェックしている?」森保監督が“秘策”を明かす!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月30日

世界で日本人が評価されているのは指導者の成果

急激に増えている海外組の対応について、森保監督が言及した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本サッカー協会は8月30日、キリンチャレンジカップ2019のパラグアイ戦(9月5日)、ワールドカップ・アジア2次予選のミャンマー戦(同10日)の日本代表メンバー23名を発表した。

 発表後の会見で、海外組が増えている現状について聞かれ、森保監督はこうコメントしている。

「海外の、特にヨーロッパを中心とするサッカー大国でプレーしている日本人選手の数は、本当に増えていると感じます。世界のサッカーのマーケットに日本人が評価されて、その土地でチャレンジするという、選手の努力の賜物ですし、そのチャレンジは頼もしく思っています。それだけでなく、日本の指導者の成果だとも思っています」

 サンフレッチェ広島のコーチ、監督を経て代表監督へと昇り詰めた指揮官は、日本の指導者、育成への想いをこう語った。

「選手の努力はもちろんだが、選手を育てている、日本の普及、育成という部分の指導者のみなさんが、選手たちを世界のサッカーマーケットに上がるように指導してきたということ、指導者の成果だと思っているので、世界と戦う選手を育てられるという日本の一指導者として、自信を持って世界と戦って行ければと思っています」

 また海外組のチェック体制についてはこう答えた。

「いま海外にいる選手達のスカウティングは、8月も5人の代表コーチを現地に派遣して視察した。2人はJFAの国際委員としてヨーロッパを拠点にして現地で観てもらっています。また、8月には3人の日本からのコーチングスタッフに視察としてヨーロッパに行ってもらいました。
 
 普段の選手達のプレーについては、その2人の国際委員が手分けして現地で試合を見て、選手ともコミュニケーションを取ってもらっています。すべての選手の映像を手に入れることができますので、毎節試合をチェックしています。そのチェックの仕方もランダムにだけではなく、選手をグループ分けして、担当のコーチを決めて継続的にも視察しています。国内はJリーグを中心に毎節各会場にスタッフたちが試合を観に行き、映像などでもスカウティングは行なっています」

 万全な体制で、急増する海外組を漏らすことなくチェックしていると語った指揮官。欧州各国で揉まれた選手たちをどう融合されるのか。腕の見せ所だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ