「日本人がいるクラブへ…」堂安律がオランダ紙に語った移籍への思い。新天地はサウサンプトンの可能性も?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月17日

プレミアリーグへの興味を認める

今夏の移籍が囁かれている堂安だが、残留の可能性も浮上してきたようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 オランダ1部のフローニンヘンに所属する堂安律の去就が、注目を集めている。

 現在はクラブに合流してプレシーズンマッチなどにも参加している堂安は、オランダのサッカー専門メディア『Voetbal International』のインタビューに応じ、その去就について語っている。

「ステップアップの時が来たと感じている。新しいステップを踏むための準備はできているし、ここに留まるという気持ちよりも、この先に進みたいという気持ちが強い。

 僕の夢はいつかチャンピオンズ・リーグでプレーすることだが、将来のためには賢い選択をしなければならないとも感じている。来年には東京五輪も迫っているし、そこでプレーしたいという気持ちもある。

 だから、フローニンヘンのためにも正しい、賢明な選択をしたいし、クラブから大事にしてもらえていることも感じている。次はできれば、日本代表の同僚がいるクラブに行きたいなとも思っている。そのために必要なことは始めているつもりだ」

 日本人選手がいるクラブとしては、日本代表DF吉田麻也が所属するプレミアリーグのサウサンプトンが新天地候補に挙がっている。そのことについては、「プレミアリーグはとても素晴らしいリーグだと思う」とコメントするに留まった。

 一方、保有元のフローニンヘンでテクニカルディレクターを務めるマーク・ジャン・フレデラスは、堂安の移籍を急ぐことはないというスタンスのようだ。

「我々はリツがこのクラブに留まることを望んでいる。彼がいくつもの選択肢を持っていることは確かだが、もっと大きなクラブがフォローしていることも想像に難くない。クラブとしては必ずしも、今夏に彼を売却する必要はないんだ」

 堂安はフローニンヘンとの契約を2021年6月末まで残している。現地では「ドウアンは移籍を探っている状況」とも報じられており、今夏はフローニンヘンに残留する可能性もあるようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ