躍進ヘタフェ、CL出場の夢叶わずELへ…柴崎岳はリーグ最終戦で途中出場

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月19日

ヘタフェは二度のリードを守りきれず。

2試合ぶり先発落ちした柴崎。84分から右サイドハーフで出場も見せ場は作れず。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間5月18日に開催されたラ・リーガ最終節(38節)で、柴崎岳が所属するヘタフェは、ホームでビジャレアルと対戦。柴崎は2試合ぶりに先発から外れた。

 チャンピオンズ・リーグ(CL)出場権(4位以内)獲得のためには、勝点で並ぶ4位のバレンシアを上回る結果が必要となる5位のヘタフェは13分、右サイドから持ち込んだホルヘ・モリーナのパスを受けたフランシスコ・ポルティージョが、ワントラップから左足で先制点を挙げる。

 さらに22分、ハイメ・マタがエリア内で粘りを見せてボールをキープし、再びJ・モリーナのパスからウーゴ・ドゥロがネットを揺らすも、VAR判定の末にマタにファウルがあったとして取り消される。31分にもそのマタが決定機を迎えるも、至近距離からのシュートも決めきれない。

 すると44分、CKからビセンテ・イボーラにヘッドで決められ、同点に追い付かれる。
 
 勝点3が欲しいヘタフェは後半、猛攻を仕掛ける。66分にはJ・モリーナがヘッドで狙うも枠に収められない。72分にJ・モリーナのクロスにアンヘル・ロドリゲスが頭で合わせたシュートがGKに防がれたシーンとともに、惜しいチャンスだった。

 しかし75分、アンヘルの鋭利なクロスにネマニャ・マクシモビッチがヘッドで合わせ、ようやく勝ち越しに成功する。

 84分にはポルティージョに代えて、柴崎を投入し逃げ切りを図る。だが、その3分後にジェラールに決められて再び追い付かれる。

 結局、試合は2-2のドローで終了。バレンシアがバジャドリーに勝利したため、ヘタフェは5位が確定し、初のCL出場の夢は叶わなかった。だが、8年ぶりにヨーロッパリーグの出場権を獲得したその戦いぶりは称賛されて然るべきだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ