【なでしこ】高倉監督は新戦力の働きをどう評価したのか?「みんなこういう舞台で…」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月28日

指揮官は目を細めたのは若手のパフォーマンス!

岩渕などの主力を今回招集しなかった高倉監督。そのなかで若手が存在感を示した点は明るい材料だ。写真:早草紀子

画像を見る

 現地時間2月27日、アメリカで開催されている「2019 SheBelieves Cup」に参加している日本女子代表はアメリカ女子代表との初戦に臨み、終盤の同点ゴールで2-2のドローに持ち込んだ。
 
 6月にワールドカップを控えているなでしこジャパンにとって、今年最初の試合となる。その一戦のスタメンは、GKに山根恵里奈、最終ラインは左から有吉佐織、鮫島彩、熊谷紗希、清水梨紗を起用。中盤の底に杉田妃和、松原有沙、2列目は右に中島依美、左に長谷川唯、最前線に小林里歌子、横山久美を送り込んだ。
 
 序盤から一進一退の攻防が続いたなか、日本は23分、アメリカに右サイドを打開されて失点。その後も決定的な場面をなかなか生み出せなかったが、67分にクリアボールを拾った中島依美が魅せる。一瞬でシュートコースを見出し、左足で値千金の同点弾を決めた。
 
 これで勢いに乗るかと思われた日本だったが、76分に再び右サイドを崩されてアレックス・モーガンにヘディングで決められてしまう。
 
 しかし、土壇場で日本は驚異的な粘りを見せる。90+1分、この日が代表デビューとなった18歳・遠藤純のスルーパスから長谷川唯が抜け出すと、巧みなボールタッチでペナルティエリア内に侵入。GKを上手く釣り出し、ラストパス。この絶好機を籾木結花がきっちりと決め、引き分けに持ち込んだ。
 
 世界女王・アメリカに対し、2度追い付いたなでしこジャパン。試合後、高倉麻子監督はフラッシュインタビューに応え、「押し込まれる時間が長かった。相手の攻撃がシンプルでその競り合いのところで負けてしまい、失点も勿体なかったです」と反省の弁を口にした。

 その一方で遠藤純や杉田、松原いった新戦力の働きにはポジティブな印象を抱いたようだ。「みんなこういう舞台で臆せずやってくれましたと思いますし、まだまだやれる」と評価した。
 
 6月のワールドカップに向けて収穫を得たチームは、次戦で現地時間3月2日にブラジルと戦う。「大会に来たからには優勝を目指しています。またタイプの違う相手ですし、しっかり選手とは話して勝ちにいきたい」と意気込みを語った指揮官。あくまで勝利を目指し、南米の強国に挑む。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ