「ダノンネーションズカップ2019 in JAPAN」福島会場予選、本大会進出4チームが決定!前園氏が再始動後のJヴィレッジに初来場

カテゴリ:PR

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月08日

前園氏「世界を目指すことのできる大会!」

前園氏は本大会出場決定チームへ熱いエールを送った。

画像を見る

 2月3日、U-12の世界一を決めるFIFA公認の国際サッカー大会「ダノンネーションズカップ」の日本大会「ダノンネーションズカップ2019 in JAPAN」福島会場予選が、JFAナショナルトレーニングセンターJヴィレッジ(福島県双葉郡楢葉町山田岡美シ森8)にて開催された。

 今回の福島会場予選では、福島県内からの6チームをはじめ、過去に優勝経験のある川崎フロンターレU-12や柏レイソルU-12などのJリーグの下部組織チームのほか、北海道、東北、北陸、関東、中部エリアより1都1道13県の全32チームが集まり、熱い戦いが繰り広げられた。

 大会アンバサダーとして会場に訪れた前園真聖氏は、参加した選手たちのプレーを観戦しただけでなく、サプライズでダノンヨーグルトのサンプリングも実施。選手だけでなく、会場に観戦に訪れた人たちとのふれあいを楽しんでいた。
 

グループリーグ、柏レイソルU-12 vs 大豆戸FC。

画像を見る

 グループリーグ終了後には、各グループを1位で通過した8チームによる本大会出場決定戦を行い、川崎フロンターレU-12、柏レイソルU-12、浦和レッドダイヤモンズジュニア、名古屋グランパスU-12の4チームが本大会進出を決めた。

 前園氏は、「子どもたちが一生懸命ボールを追っている姿を見れて、とても嬉しく思いました。ダノンネーションズカップという歴史のある大会で、ぜひ世界を目指してチームとしても個人としても志高くプレーしてほしいです」と本大会出場決定チームにエールを送った。

 また昨年の7月に約7年ぶりに再開し、福島の復興のシンボルとなりつつあるJヴィレッジについては、「サッカーをしている人がここでプレーできる喜びを感じて欲しいと思います。日韓ワールドカップでグループリーグを初めて突破したときも日本代表はここで合宿していて、ここから始まったと言えると思います。これからもサッカーを愛する人たちが集まる場所にもなっていって欲しいですし、僕も協力できることはやっていきたい」とコメントした。

■「ダノンネーションズカップ2019 in JAPAN」福島会場予選・本大会出場決定戦 結果
川崎フロンターレU-12 6-0 ブルーボタンSC
浦和レッズジュニア 0-0(PK2-1) 東京ヴェルディジュニア
大豆戸SC 0-0(PK1-3) 柏レイソルU-12
名古屋グランパスU-12 0-0(PK3-2) bandai12 ジュニア

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ