「僕よりも全然良いと思いますよ」主将・吉田麻也は成長株の冨安健洋をどう見ているのか|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月22日

冨安を賞賛した吉田が次なる課題として挙げたのは?

若かりし頃から様々な経験を積んできた吉田。冨安に期待を懸けているからこそ、より高いレベルを求めている。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[アジアカップ・決勝トーナメント1回戦]日本 1-0 サウジアラビア/1月21日/シャルジャスタジアム

 吉田麻也も若き守備者の出来に賛辞を送った。
 
 1月21日に行なわれたアジアカップの決勝トーナメント1回戦。日本は過去3度の優勝を誇るサウジアラビアに対し、劣勢を強いられた。ボールを保持され、ゴール前で好機を作られたのは1度や2度ではない。その重苦しい展開で存在感を示したのが、20歳の冨安健洋だった。身体を張った守備でチームのピンチを救えば、20分にはCKから得意のヘッドで決勝弾。攻守に渡って抜群の存在感を示し、東京五輪世代の成長株はサウジアラビア戦の殊勲者となった。
 
 圧巻のパフォーマンスに多くの人が舌を巻いたに違いない。吉田麻也もそのひとりである。試合後、CBでコンビを組む相方について聞かれると、「いやいや僕よりも全然良いと思いますよ」と手放しで称賛した。

 では、冨安のどこが素晴らしかったのか。吉田は攻撃に関して「こういう堅い試合はセットプレーがものを言うので、よく取ってくれました」と決定力に目を細め、守備に関しても安定した戦いぶりを讃えた。
 
 ただ、吉田はサウジアラビア戦のプレーを続ける必要性があるともいう。
 
「1試合で評価されるポジションではない。もちろん今日は点を取って評価されるパフォーマンスだったと思いますが、これを続けていくことが大事ですし、逆に言うとワンプレーで評価がグッと落ちるポジションでもある。その難しさはCBにはどうしても付き纏うので、高いパフォーマンスを維持することが大切だと思います」
 
 目を見張る出来を見せた冨安に次なる課題を提示した吉田。森保ジャパンを束ねる主将は日本の将来を担うCBのさらなる成長を心待ちにしている。

【PHOTO】“中東の雄”サウジとの激闘を森保ジャパンが制す!! 戦士たちの勇姿をチェック

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ