• トップ
  • ニュース一覧
  • 「警戒すべき危険なプレーヤーの鈴木と三竿がいない。だが…」メキシコ紙がグアダラハラと対戦する鹿島の”伏兵”を警戒

「警戒すべき危険なプレーヤーの鈴木と三竿がいない。だが…」メキシコ紙がグアダラハラと対戦する鹿島の”伏兵”を警戒

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月13日

「鹿島にはセルジーニョと安部がいる」

怪我でCWCへ参加しない鈴木と三竿。リーグ戦やACLで活躍していたふたりだけに、欠場には大きな影響があるだろう。 写真:徳原隆元

画像を見る

 クラブ・ワールドカップ(CWC)に出場する鹿島アントラーズは、15日にメキシコのグアダラハラと対戦する。メキシコのグアダラハラ地元紙『El Informador』は、チーバス(グアラダハラの愛称)の初戦となる鹿島の状態を分析している。

 同紙の取材先となったのは、アレックス・シルベストリさん。38歳のイタリア人アマチュア選手で、ユベントスと鹿島を熱狂的に応援しているという。

 今回のCWCには、ACL決勝でMVPを獲得した鈴木優磨、中盤の要である三竿健斗が負傷のため参加しない。そのため同紙は「鹿島で警戒すべき、チーバスにとって危険なプレーヤーたちが欠場する」とチーバスに有利であるという見方をしているメディアも多いようだ。

 鹿島をよく知るシルベストリさんは「ユウマとミサオが不在なことで様々なことが変わるだろう。特にユウマはゴールやアシストを量産していた存在であり、鹿島にとっては痛手だし、攻撃面がウィークポイントになってしまったと思う」とその見方を肯定している。

 しかし、「鹿島の有効な”武器”は消えたように見えるが、"第二の武器”はある」と続けた。

「攻撃陣のセルジーニョは、非常にいい選手だ。それに安部裕葵という、鈴木よりも若い選手がいて、間違いなくいいプレーをする。さらに、ロシア・ワールドカップで日本代表として戦った昌子源が守備にいるので、彼は代表で得た経験を生かすことができる。土居聖真もきっといい働きをすると信じている」

 また、鹿島をヨーロッパリーグのクラブに例えるならばどこのチームか、という問いかけには首をひねった末にこう答えている。

「比較するのはすごく難しいが、ひとつ言えるのは、鹿島は1992年に設立された日本の1部リーグで8回優勝し、今季は3位で終えている。成績だけをみれば、ヨーロッパでの偉大なクラブと肩を並べるチームだと思う」

 以上のことから、同紙は「最も怖いとされた存在は不在。だが、油断は禁物」と結論づけたようだ。

 鹿島とグアダラハラの一戦は12月15日、17時(日本時間22時)にキックオフする。メキシコ紙が警戒するセルジーニョと安部の活躍にも注目したい。
【関連記事】
「鹿島の躍進に欠かせない!」FIFA公式が昌子源をクラブW杯“注目の6傑”に選出!
「ブラジルの”アイドル”に誘われて人生が変わった」 FIFA公式がクラブW杯開幕直前に”ジーコの申し子”を特集!
鹿島に主力離脱の衝撃!! 鈴木優磨、三竿健斗が負傷でクラブW杯欠場へ…
ベストヤングプレーヤー賞の候補者に鹿島・安部裕葵や湘南・杉岡大暉ら12名!発表はJ公式メディアのライブ配信番組で
「必ず偉大な選手になる」「眩いばかりの輝きを放った」鹿島の新鋭、19歳の安部裕葵を海外メディアはどう見たのか

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ