森保ジャパンの”融合”にAFCが感服「ベテランの安定したフォローと中島、南野、堂安らフレッシュな選手が台頭」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月18日

攻撃の要と評された中島、爆発力の南野、そして鋭さを増した堂安

「新・ビッグ3候補」「新たな三銃士」「ニューウェーブ」など、彼らの呼称は様々。これからの日本代表を担うだろう新戦力には、アジアも期待を寄せているようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 10月16日、森保ジャパンにとって3試合目となったウルグアイ戦。南米の強豪を相手に、日本代表は4-3で勝利した。

 ロシア・ワールドカップ後の新生・日本代表はこれで3連勝。W杯を戦ったメンバーに、欧州を舞台に戦う若い戦力が加わった新チームの姿に、アジア・サッカー連盟(AFC)は「チームの”化学反応”は森保監督を興奮させている」と評した。

「日本代表は、長友佑都、大迫勇也、酒井宏樹らのベテランたちと、24歳の中島翔哉、23歳の南野拓実、20歳の堂安律ら“ニューウェーブ”がスムーズに融合した姿を見せた。

 左サイドでは、中島が積極的なプレーメイキングを行なう後ろで、長友がウルグアイの攻撃陣を抑え込みつつ、中島に必要なスペースを確保して日本の攻撃を勢い付けた。

 右サイドでは酒井が堂安のプレーをサポートし、守備に配慮しながら慎重にプレーするも、時には思い切った上がりで攻撃にアクセントを加えた。

 試合後、ブレーメンでプレーする不動のCF大迫は、『両ウイングの敵陣への切り込みは、この試合で勝つためには不可欠だった。長友さんと宏樹のバランスがとれているので、前のふたりは自由にプレーできていたと思う』と語っている。

 ベテランの安定したフォローとフレッシュな選手の台頭……この試合は、2019年に控えるアジアカップに向け、チームの土台を決定づけたといえるだろう」

 そして、“ニューウェーブ”と称された3人を、改めて手放しで絶賛した。

「森保監督の率いるチームで、中島は日本の攻撃の要を担う存在と化した。ザルツブルクの南野は新体制となってから3試合で4ゴールという驚異的な記録を達成。フローニンヘンのMF堂安は、鋭い攻撃に加えて、守備のタスクもこなし、奪ったボールをキープできる力が印象的だった」

 10月の代表ウィークを終えた日本代表は来月、16日にベネズエラと、20日にキルギスとの親善試合を予定している。

 ウルグアイ戦では攻撃陣が絶賛された一方で、3失点した守備陣には課題が残った。森保監督は、4バック以外にも、3バックの採用を視野に入れているともいわれる。1月のアジアカップに向け、さらなるチームとしての進化を期待したい。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ