森保監督の手腕に浅野拓磨が感服!愛弟子が明かす新生・日本代表が短期間で機能した理由  

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年09月12日

浅野が「森保さんはさすがだなと思いました」と語った理由は?

途中出場でピッチを駆け回った浅野。次回は目に見える結果を残し、恩師の期待に応えたいところだ。写真:茂木あきら

画像を見る

[キリンチャレンジカップ2018]日本 3-0 コスタリカ/9月11日/パナソニックスタジアム吹田
 
 終わってみれば、3-0の快勝だった。前半の立ち上がりからコスタリカと一進一退の攻防を展開するなかで、16分に中島翔哉の右CKからオウンゴールで先制し、試合の流れを引き寄せる。

 後半に入ると、攻撃のギアをアップ。66分に遠藤航が中島からのスルーパスを受け、ゴール前に折り返す。これを南野拓実がニアサイドで合わせて代表初ゴールを奪うと、最終盤には伊東純也が右斜め45度の位置から左足でネットを揺らし、森保ジャパンは初陣で勝利を掴んだ。
 
 6日明朝に北海道で発生した地震の影響で7日のチリ戦が中止となるなど、新体制の初戦は十分な準備期間を取れていない。それでも、11日のコスタリカ戦では迫力のあるアタックを繰り出し、新生・日本代表は幸先の良い滑り出しとなった。
 
 選手たちの頑張りがあってこそで最高のスタートを切れたわけだが、勝利に導いた森保一監督の采配も見逃せない。
 
「お互いが良さを活かせたのではないかなと思います。そういうチーム作りや雰囲気作りで森保さんはさすがだなと思いました」
 
 こう証言するのは浅野拓磨だ。快速ストライカーは広島に所属していた2013年から16年の途中まで森保監督の下で戦っている。今代表メンバーでは指揮官を良く知る人物のひとりだ。だからこそ、説得力は増す。
 
 では、具体的になにに感服したのだろうか。浅野が挙げたのはチームの作り方だ。
 
 この試合で森保監督は広島時代から愛用する3‐4‐2‐1ではなく、4‐4‐2を採用。型にハメるのではなく、選手の特徴を引き出すためのシステムを選んだ。

「監督も型に選手をはめるというよりは、選手の良いところを活かしていけるチーム作りを優先してくれたと思いますし、なおかつ監督の求めることに対応できる選手が集まっていた」(浅野)

 そうした柔軟性が浅野に指揮官の凄さを改めて感じさせる要因になったようだ。
 
「良いスタートが切れたのかなと思います」と手応えを語った浅野。その裏には、森保監督の確かな手腕があった。

【日本代表PHOTO】日本 3-0 コスタリカ|南野、伊東の代表初ゴールなど、3ゴールで森保監督初陣を勝利で飾る!守備陣は無失点!

【日本代表PHOTO】試合後、サポーターの声援に応える森保ジャパン!

【PHOTO】日本×コスタリカの美女サポーターたち!!

【中島翔哉PHOTO】これが日本の新10番!終始観客を魅了するプレーを見せた中島のPHOTOギャラリー!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ