モドリッチは「残留決定」とスペイン・メディアが一斉報道! 移籍を望むなら“強硬手段”に出るしか…

カテゴリ:移籍情報

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月11日

マドリーは大幅増の年俸を用意

果たして去就問題は本当に収束したのか!? 写真は昨シーズンのもの。 (C) Getty Images

画像を見る

 クロアチア代表のチームメイトの投稿に「いいね」をした時、どのような気持ちだったのだろうか……。
 
 スペインの『Marca(マルカ)』紙や『As』紙は8月10日、インテルへの移籍が噂されていたルカ・モドリッチが、レアル・マドリーに残留すると報じた。
 
 前日、マドリーの公式SNSのヘッダー画像に姿がなかったことが取り沙汰されていたモドリッチは、10日もSNSを巡ってインテル・サポーターを喜ばせた。
 
 アトレティコ・マドリーから加入したシメ・ヴルサリコを歓迎すべく、マルセロ・ブロゾビッチを含めた3ショットの写真を投稿した際、イバン・ペリシッチが「あと足りないのは誰?」とコメントしたのに対し、モドリッチが「いいね」をしたからだ。
 
 だが、スペインではモドリッチがマドリー残留を決めたと報じられている。マルカ紙によれば、マドリーはモドリッチに年俸1000万ユーロ(約13億円)を用意し、新契約を結ぶとのこと。800万ユーロ(約10億4000万円)からの大幅増で、ガレス・ベイルに次ぎ、主将セルヒオ・ラモスと並ぶ額だ。
 
 だが、モドリッチの希望はインテル移籍で、マドリーが放出を認めなかったとの見解のイタリア・メディアのなかには、去就問題がまだ決着していないとの声もある。
 
 とはいえ、『Gazzetta dello Sport(ガゼッタ・デッロ・スポルト)』紙は11日付紙面で「夢は遠ざかった」と報道。『Corriere dello Sport』紙も「ルカは金を取り、インテルは空手」と報じた。同紙は、モドリッチがインテルを望むのであれば、練習拒否やスーペルコパへの招集拒否といった強硬手段に出るしかないと伝えている。
 
 なおガゼッタ紙は、インテルがモドリッチを逃しても代役を狙うことはなく、獲得間近に迫っているモナコFWのケイタ・バルデ・ディアオが最後の補強になると予想した。
 
 10日、練習中の写真とともに「仕事復帰」と投稿したモドリッチ。マドリーはクリスチアーノ・ロナウドやマテオ・コバチッチに続く流出を防げたということだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ