「過小評価を禁ずる!」「後ろを見ろ!」 コロンビア紙が西野ジャパン攻略のための5大ポイントを紹介

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月19日

危機感を募らせるコロンビア紙。

決戦を前に警戒を強めているコロンビアは、日本にとって一筋縄ではいかない相手となりそうだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 6月19日、日本代表にとって運命の一戦となるコロンビア代表とのロシア・ワールドカップ初戦が幕を開ける。

 すでに開会している今大会はアルゼンチンがアイスランドに引き分け、前回大会の覇者ドイツがメキシコに0-1で敗北を喫するなど、戦前の予想を覆すアップセットが起きている。それだけにFIFAランクで61位の日本が、16位のコロンビアの鼻をあかす可能性は大いにある。

 それゆえにコロンビアも日本に対する警戒を強めている。地元紙『El Tiempo』は、「日本と対戦するうえで知っておくべき5つの鍵」と題して、西野ジャパンを倒すための5つのキーポイントを代表FWのルイス・ムリエルの言葉を交えつつ紹介している。順に見ていこう。

1:「過小評価を禁ずる」
ストライカーのムリエルは「僕たちはライバルを過小評価すれば、過ちを犯すことになる」と言った。火曜日の試合ではまさにそれが仇となる。大会の2か月前に監督を変えたとはいえ、それが4年前のブラジルで4-1と勝ったときのような試合ができると保証するものではない。

2:「後ろを見ろ!」
「僕たちは守備においてそれぞれのケアを怠ってはいけない。なぜなら日本にはスピードがあり、すぐさま僕らを捕まえて酷い結果を招くことになる」ムリエルは初戦で日本の鋭いカウンターを警戒した。
 
3:「90分間、集中を切らさないこと」
「集中することが基礎となる」とムリエルは言う。サッカーにおける「集中」とはミスをしないことを指す。例えば、ボールを保持する相手にマーカーをつけている場合、マーカーは追っている相手を見失うことがないようにすること。攻守において良い判断を下すこと。

4:混乱を避けること
「方向性を見失ってはいけないし、練ってきたプランを信用する必要がある。いかなるライバルたちとの試合においてもこれまで通りにやり続けなくてはいけない」。ムリエルの言う通りに戦術的な指導に従い、迷ってはいけない。それは日本に対して苦戦を余儀なくされてもだ。ワールドカップ初戦は冷静さを保ちつつ、成熟度と知性を持ってプレーしなくてはいけない。

5:トランジションに注意せよ!
他のアジア諸国と同じように日本の特徴はトランジションにある。日本は、守備から攻撃、攻撃から守備、その両方で迅速に動くチームだ。クイックなプレーで応戦しなければならない

 先の日本対スイスの強化試合にヘッドコーチのエステバン・カンビアッソを始めとする複数のスタッフを派遣するなど、準備を徹底しているコロンビア。同国史上初のベスト4進出を目指す彼らに抜かりはないようだ。

【日本代表PHOTO】SAMURAI BLUEがモルドビア・アレーナで前日会見と練習

【ロシアW杯PHOTO】随時更新!タタールスタン共和国で旨いものを食いまくる!
 
【関連記事】
現地直送! ロシアを彩る『美しすぎる』世界のサポーターたち
【コロンビア戦のスタメン予想】ボランチで確定なのは…。「トップ下・香川」と断定できない理由は?
本田圭佑は再び本番で輝けるか? W杯過去3得点の男が語った“理屈じゃない”一発の力
コロンビア戦の予想スコアは? 5人の識者は初戦の展開をズバリどう予測する?
どうなるトップ下? 捨てきれない「本田スタメン説」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ