イニエスタ加入が噂される神戸が磐田に快勝!決勝ゴールの渡邉は今季2点目

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月12日

エースのポドルスキを怪我で欠きながらも5試合ぶりの勝点3を獲得

渡邉がこぼれ球に素早く反応して貴重な先制点を挙げた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1リーグ14節]磐田0-2神戸/5月12日/ヤマハ

 J1リーグ14節の磐田対神戸が12日、ヤマハスタジアムで行なわれ、神戸が2-0で勝利した。
 
 スペイン代表のイニエスタ加入が噂される神戸は、開始10分にセットプレーから先制に成功する。CKをニアで合わせた田中順也のヘッドはバーに当たってしまったが、そのボールがゴール前にこぼれて混戦になり、そのセカンドボールに素早く反応した渡邉千真が、右足ボレーで豪快に蹴り込んだ。
 
 神戸はさらに15分後、右サイドで渡邉が起点になり、フォローした大槻周平が左足で鋭いクロスを供給。これをウェリントンがドンピシャヘッドで合わせて、追加点を叩き込んだ。
 
 一方の磐田は、後半開始から小川航基、59分に荒木大吾を送り込んで攻撃の活性化を狙ったが、川又堅碁と小川航が組む2トップの連係がいまいちで、ゴールを奪うまでには至らず。76分の上原力也の投入も実らずにノーゴールで終了の笛を聞いた。
 
 神戸はエースのポドルスキを怪我で欠きながらも、5試合ぶりの勝点3を獲得して暫定7位に浮上。敗れた磐田は6位をキープしたが、連勝が2で止まった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ