【2014 J1】週刊サッカーダイジェスト担当記者が展望 川崎編

カテゴリ:Jリーグ

週刊サッカーダイジェスト編集部

2014年02月25日

ポゼッション重視の攻撃的なスタイルを継続

風間監督のサッカーを、ピッチの上で具現化するのが中村憲剛。絶対に欠かせない存在だ。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 日本で唯一の週刊サッカー専門誌、『週刊サッカーダイジェスト』の編集部が、2014シーズンのJ1を見通す。

 ワールドカップイヤーの2014年は、はたしてどんなシーズンになるのか――。

 週刊サッカーダイジェストの記者に聞いたのは、各担当クラブの展望。川崎フロンターレを占うのは、大木勇記者だ。

Q1
オフの採点。補強を含めた開幕までの準備は、100点満点で何点?
A1
80点。

パウリーニョを筆頭に、森島、金久保、武岡と即戦力を獲得。主力クラスの流出もなく、堅実に戦力の上積みに成功した。キャンプを通じて怪我人も出ず、順調な調整を続けていたが、誤算を挙げるとすれば、大雪の影響で5日間のオフを余儀なくされた点か。コンディションの調整でやや遅れを取った感は否めない。

Q2
昨シーズンからの最も大きな変化は?
A2
陣容でメスを入れたのはボランチで、栃木から加わったパウリーニョの存在が最大の違いだ。攻撃力が売りのチームにあって、卓越した危機察知能力とボール奪取能力を兼備したこのブラジル人が機能すれば、中盤の安定感は格段に向上するはず。とはいえ、基本戦術は変わっておらず、ボールポゼッション重視の攻撃的なスタイルを継続する。

Q3
今シーズンのチームの最大の売り(強み)は?
A3
昨季リーグ2位の65ゴールを積み上げた攻撃は迫力十分。その根幹を成すのが、“大久保-中村-レナト”の強力トライアングルだ。昨季得点王に輝いた大久保、本誌選定アシスト王に輝いたレナト、トップ下で輝きを放つ中村は、いずれもリーグ屈指の曲者で、彼らを中心とした攻撃力こそが川崎の魅力と言える。

Q4
今シーズンのチームで最も懸念される弱みは?
A4
横からの揺さぶりに対して、昨季の序盤は弱さを露呈した。前線から最終ラインまでの連係が上手く取れなかったうえ、主力の井川やジェシを欠いたのがその原因だ。今季は守備組織が整備されており、怪我人が続出するような不測の事態がなければ、一定の耐久性は保てるだろう。唯一手薄なCBも、ボランチの稲本や谷口が兼務する形で対応する。

Q5
戦術上のキーマンは?
A5
中村憲剛|MF
風間サッカーをピッチ上で具現化する中村は、もはや絶対に欠かせない存在だ。指揮官は誰がプレーしても同質のサッカーを求めているが、中村不在となればグレードダウンは避けられない。トップ下で攻撃陣を自由自在に操るだけでなく、天性のバランス感覚で危険なスペースを埋めるなど、守備面でも多大な貢献を見せる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ