ラフィーニャ父が明かすインテルへの移籍理由「いまのバルサでは…」

カテゴリ:メガクラブ

移籍情報

2018年01月22日

コンディションに関する疑いはない。

セレソンの一員としてロシアW杯出場をめざすラフィーニャ(写真)。コウチーニョのバルサ入団が、移籍決断の決定打になったのは間違いない。

画像を見る

 バルセロナのラフィーニャは、現地時間1月21日にミラノ入りし、週明けにメディカルチェックを済ませ、インテルへの移籍が発表される見通しだ。

 イタリア・メディアによると、インテルはバルサと買い取りオプション付きのレンタル移籍で合意。買い取り額は3500万ユーロ(約45億5000万円)で、300万ユーロ(約3億9000万円)のボーナスがつくと言われている。

 17日のコパ・デル・レイ準々決勝第1レグ、エスパニョールとのダービーで、約9か月ぶりに戦列復帰を果たしたラフィーニャは、なぜセリエAへの移籍を決意したのだろうか。

 イタリア紙『La Gazzetta dello Sport』によると、ラフィーニャの父で代理人も務める元ブラジル代表MFのマジーニョ氏は、ブラジル紙『Globo Esporte』で「息子は試合に出ることを望んでいるが、いまのバルサでは競争が激しく、とても難しい」と説明している。

「この2年は不運にも膝の負傷があったが、いまはプレーできる状態で、ピッチに立つことを望んでいる。インテルのような素晴らしいクラブで自分が好きなことをやり、幸せを感じたいんだろう」

 出場機会を望むのは、ロシア・ワールドカップ出場という夢も捨てていないからだ。マジーニョ氏は「息子は本大会のメンバーに招集してもらうため、このチャンスを生かしたいと思っている」と続けた。

 バルセロナとの契約は2020年までだが、ラフィーニャはインテルと2021年までの契約を結ぶ見通し。この契約期間も、移籍を後押ししたようだ。

 一方、エージェント会社の弁護士はインテル専門サイト『fcinter1908』で、「ラフィーニャは本当にインテル加入を喜んでいる。むしろ、彼が望んでいた唯一の選択肢だった」とコメント。選手が移籍を喜んでいると明かし、膝のコンディションにも心配はないと太鼓判を押した。

「彼の調子は1か月前から100%だ。これまでないほどに好調だよ。フィジカルコンディションに関する疑いはない。その点は安心してもらって構わない」

 ユース時代から一貫してスペインでプレーしてきた24歳は、イタリアの地で輝き、セレソンの一員としてW杯出場と完全移籍を勝ち取ることができるだろうか。
 
【関連記事】
バルサのラフィーニャがインテル移籍へ!買い取りが実現すればマシア史上最高額の収益に
【現地発】売り時を逃さないビジャレアルがまたしてもボロ儲け。エースのバカンブが52億円で中国へ!
アーセナルがオーバメヤンへ65億円の正式オファー! 地元紙の取材でドルトムントCEOが公表
C・ロナウド獲得の必要経費は520億円とマンUが試算!? マドリーファンは7割が移籍を容認
早熟の韋駄天ウォルコットがエバートンへ移籍! 「悲しくもあったが、僕は野心的だから…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ