中島翔哉獲得にポルトが本格参戦! 保有選手の譲渡で今冬に実現する可能性も?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年01月12日

獲得に「かなりの自信を持っている」とも。

ポルティモネンセで確実に存在価値を高めている中島。そのパフォーマンスを国内のメガクラブが見逃すわけがない。 (C) Getty Images

画像を見る

 日本サッカー界期待の俊英・中島翔哉の獲得レースにポルトガルの名門が本格的に乗り出した。
 
 現地1月11日、ポルトガル・メディア『A Bola』は、ポルトがポルティモネンセに所属する中島獲得に向けて動き出したことを具体的な情報を交えて報じている。
 
 今シーズンから海を渡り、ポルトガルのポルティモネンセでプレーする中島は、ここまで公式戦17試合に出場し、7得点・3アシストを記録。その殊勝なパフォーマンスには、他国リーグのクラブも注目しており、リーグ・アンのサンテティエンヌや、ブンデスリーガのヴォルフスブルクとフランクフルトの興味が伝えられた。
 
 とりわけ、長谷部誠と鎌田大地という二人の日本人を抱えるフランクフルトは、獲得に熱心で、かなりの好条件を提示する準備を進めているという。
 
 そんななか、ここにきて中島獲得の最有力候補に躍り出たのが、ポルトだ。
 
 これまでも中島の動向を追ってきた『A Bola』によれば、ポルトは今冬の獲得を画策しており、この1月に中島の保有権を買い取ったポルティモネンセが設定している移籍金1000万ユーロ(約13億円)の減額交渉を行なっているようだ。
 
 その交渉をスムーズに進めるためにポルトは、現在、ポルティモネンセに期限付き移籍しているブラジル人DFのイナシオを完全移籍で提供し、さらに今シーズン終わりまでブラジル人FWのガレーノを貸し出すことを提案しているという。
 
 同メディアは交渉の進展具合について次のように綴っている。
 
「ポルトとポルティモネンセは良好な関係性を築いている。さらにナカジマもポルトに興味を持っていることを考えれば、今冬に移籍が実現する可能性は十分にある。ポルト側はかなりの自信を持っている」
 
 仮に現在国内リーグ首位に立つポルトに加われば、自身キャリア初のリーグ優勝の美酒も味わえる可能性が高く、さらにヴォルフスブルクやフランクフルトとは異なり、チャンピオンズ・リーグ出場も叶えられる。欧州での成功を望む中島にとってはキャリアアップの絶好の機会と言えるだろう。
 
 熾烈さを極めてきた中島の争奪戦は、どのような結末を見るのか? 今後の動向に注目したい。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ