新コクリツが新たなサッカーの聖地に! 五輪終了後に8万人収容の球技専用スタジアムへ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年11月14日

日本政府が関係閣僚会議で正式決定

新国立競技場の完成模型。これがどのような球技専用スタジアムに生まれ変わるのか!? (C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 日本政府は11月14日に関係閣僚会議を行ない、2020年東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場を、大会終了後に「球技専用スタジアム」に改修すると発表した。
 
 現在6万8000人を収容するキャパシティーを、陸上トラックを撤去することで8万人にまで増設。サッカーやラグビーの国内リーグ、国際大会を開催できる設備を整え、サッカー日本代表の新たな聖地として生まれ変わることになる。コンサートや各種イベントにも対応できる総合アミューズメント型の“器”を目ざす。
 
 今後は運営権を民間に売却する予定で、「コンセッション方式」が採用される。2019年に具体案を決定し、20年秋を目途に事業者を選定する予定だ。ネーミングライツの導入も検討されているという。
 
 埼玉スタジアムの規模を大幅に超えるサッカー専用スタジアム。どんな装いになるのか、いまから楽しみだ。
【関連記事】
「日本とメキシコが相手でいいのか?」の問いに、ベルギー代表監督はなんと答えた?
【ベルギー戦プレビュー】浅野、長澤が先発? 長谷部不在でアンカーに山口か
ベルギー代表のデ・ブルイネがまさかのチーム痛烈批判!「俺たちはディフェンシブすぎる」
小野伸二の思考――J1残留目前の今「稀代の天才」は何を思うのか
イタリア予選敗退の衝撃に各国メディアが反応「誇りを失い、夢に潰された」「セリエAも危機に」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022 Jリーグ総決算!
    11月26日発売
    2022 J.LEAGUE
    総集編
    J全58クラブの
    1年間の激闘を収録!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 森保ジャパン、躍動!
    12月8日発売
    日本代表・激闘録
    切り開いた“新時代”
    恒例のJ移籍特集に
    欧州組カレンダーも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.37
    12月6日発売
    冬の決定版!
    高校サッカー
    選手権名鑑
    出場全48校&選手を徹底網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ