ワールドクラスの未来像を目指して――スターリッジ|リバプール

カテゴリ:メガクラブ

山中忍

2014年02月19日

「公私両面で自分を理解してくれる」指揮官の下で。

信頼を寄せるロジャース監督の下、天賦の才をついに発揮。イングランド代表でもエースの座をつかみつつある。 (C) Getty Images

画像を見る

「天性のフィニッシャー」

 リバプールのブレンダン・ロジャース監督は、ダニエル・スターリッジをそう評する。ゴール前に突進し、タイミングよく左足を振りぬいたシャープなゴール。その2分後、大きく跳ねたロングパスから、ループシュートでGKの頭越しに放り込んだゴール。プレミアリーグ23節、エバートンを4-0で粉砕したマージーサイド・ダービーでの2得点を目撃すれば、ロジャースの言葉に異論を唱える者はいない。

 しかも、今シーズンはリーグ得点王を競う量産ペース。23ゴールで得点王争いをリードする、ルイス・スアレスというワールドクラスが同じチームにいなければ、「エース」と呼ばれても分不相応ではないし、貢献度では引けを取らない。5年ぶりのトップ4どころか、24年ぶりのリーグ優勝を狙える今シーズンは、昨シーズン終盤の上昇ムードがあればこそ。その源は、昨年1月の移籍と同時にスアレスとの相性の良さを見せたスターリッジだった。4月後半にスアレスが例の噛みつき事件で10試合の出場停止処分を受けると、同期入団のフィリッペ・コウチーニョのサポートを得ながら、自身のゴールでチームの失速を阻止。処分が持ち越された今シーズンの開幕から6試合は、6得点で1か月無敗スタートを実現した。9月末のサンダーランド戦(3-1)でスアレスがプレミアのピッチに戻ると、早速、相棒の2ゴールを演出し、みずからもネットを揺らしている。

 結果として、2年前はチェルシーのベンチ要員だった24歳は、イングランド代表でのウェイン・ルーニーの相棒として、今夏のブラジル行きが確実と言われるまでになった。ロジャースに「感謝してもし切れない」と、本人は言う。レンタルでの武者修行先で、12試合8得点の活躍を演じて戻っても、チェルシーでは信用してもらえなかった。その点、新天地の指揮官は、マンチェスター・シティでのユース時代から注目してくれていた。ロジャースは、チェルシーでユースチームを率いていた当時のシティ戦で、16歳のスターリッジが披露したロングシュートを「天賦の才」を示す一例に挙げている。

 かつては怪我で調子とともに自信を失っていたが、曰く「公私両面で自分を理解してくれる監督」の下では別人のよう。約1か月半の欠場から復帰した21節ストーク戦(5-3)でのゴールは、開幕当初の6試合を上回る連続得点の皮切りとなり、ファンの間では「ワールドクラス目前」と言われ始めた。指揮官は「3、4年後が楽しみ」と言うが、攻撃的スタイルへの移行が進むロジャース体制2年目は、ゴールチャンスに事欠かない。トップ4が現実的な終盤戦、ワールドクラスの未来像を目指して、スターリッジはゴールを狙いつづける。

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ