ユーベがシュチェスニー獲得を発表! いずれブッフォンの後継者に?

カテゴリ:移籍情報

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年07月20日

昨シーズンはローマの2位フィニッシュに大きく貢献。

シュチェスニーは、来夏にも引退が噂されるブッフォンの後継者として期待が掛かる。写真はユーべのインスタグラムより

画像を見る

 ユベントスは現地時間7月19日、アーセナルからポーランド代表GKのヴォイチェフ・シュチェスニーを獲得したことを、公式サイトで発表した。2021年6月までの4年契約で、移籍金は1220万ユーロ(約15億6200万円)と発表されている。
 
 現在27歳のシュチェスニーは、2006年夏にアーセナルの下部組織に入団。ブレントフォード(当時イングランド3部)へのレンタル移籍を経て2010-11シーズンに復帰すると、中盤戦にプレミアリーグ・デビューを飾った。
 
 以降は3シーズンに渡りアーセナルの正GKを務めたシュチェスニーだが、ダビド・オスピナやペトル・チェフの加入によりレギュラーの座を奪われると、出場機会を求めて2015年夏にローマにレンタル移籍した。
 
 2年在籍したローマでは正GKに君臨。1年目はセリエAで34試合、そしてレンタル2年目となった昨シーズンも全38試合にフル出場し、チームのセリエA2位とチャンピオンズ・リーグ(CL)出場権獲得に大きく貢献した。
 
 レンタル期間を終えて、アーセナルに復帰していたシュチェスニーだが、ユーべが39歳を迎えて来夏の引退も噂されるジャンルイジ・ブッフォンの頼れるバックアッパーとして、ポーランド代表GKに白羽の矢を立てた。
 
 入団会見に臨んだシュチェスニーは、「僕はステップアップを望んでいた。ユベントスのような偉大なクラブに来ることでその願いが叶うと思った。全ての選手が成功したいと思っているし、ユーべのようなクラブでプレーしたいと願っているはず」と、ユーべ移籍を決断した経緯について語っている。
 
 2シーズンに渡りプレーしたローマ相手に戦うシュチェスニー。記者から「ローマは君の弱点が分かっているのでは?」と質問が飛ぶと、ポーランド代表GKは「今日から僕は偉大なユーべの選手だ。弱点なんてないよ」と返答し、場内の笑いを誘った。
 
 ユーべは今夏にブラジル人GKのネトをバレンシアに放出。シュチェスニーには、まずは守護神ブッフォンを支える第2GKとして、そしていずれは偉大なレジェンドの後継者として大きな期待が掛かる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ