C大阪が今季最多の5ゴールで広島を一蹴!杉本が2点、清武は1得点

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年05月14日

13分に先制されたが、その後に猛反撃を開始。

清武(46番)はチームの2点目をゲット。柿谷(8番)のシュートのこぼれ球に詰めた。写真:川本学

画像を見る

[J1リーグ11節]C大阪5-2広島/5月14日/味スタ
 
 J1リーグ11節のC大阪対広島が14日、キンチョウスタジアムで行なわれ、C大阪が5―2で広島を下した。
 
 C大阪は、13分に右サイドを崩されてアンデルソン・ロペスに先制点を奪われたが、その後に猛反撃を開始した。
 
 29分に右クロスに合わせた杉本健勇が同点弾を見舞うと、直後の33分には柿谷曜一朗のシュートのこぼれ球に、清武弘嗣が詰めて逆転に成功。さらに43分にCKからマテイ・ヨニッチが決め、3-1でハーフタイムを迎える。
 
 後半は、56分に広島のミキッチにゴールを許して1点差に詰め寄られたが、すぐさま58分にカウンターから杉本が追加点を挙げ、アウェーチームの戦意を削いだ。
 
 結局、76分にもCKからM・ヨニッチがチームの5点目を決め、C大阪が5-2で圧勝。勝点を19に伸ばし、6位に浮上した。
 
 敗れた広島は、早くも今季7敗目。この試合でも2ゴールを奪ったように攻撃は改善傾向にあるが、一方で守備の脆さは持ち越し課題だ。今季リーグ戦の11試合で無失点は1試合しかなく、早急な対応が求められている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ