神戸が6連敗&最下位の大宮叩きで首位堅持! 東京五輪世代の19歳アタッカーが2戦連発!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年04月08日

渡邉のパスカットから中坂が股抜き弾で今季2点目。

2戦連発となった中坂の先制点が勝負を決めた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ6節]大宮 0-2 神戸/4月8日/NACK

 J1リーグは4月8日、各地で6節の7試合を開催。NACK5スタジアム大宮では、大宮アルディージャ対ヴィッセル神戸の一戦が行なわれ、2-0で神戸が勝利。前節に続き、首位をキープした。

【PHOTOギャラリー】最下位・大宮が開幕6連敗… 神戸は首位キープ!

 試合は敵地に乗り込んだ神戸が、開幕5連敗と苦しむ大宮を立ち上がりから圧倒。再三、ゴール前に押し込み、チャンスを作り出す。

 そして37分、神戸は渡邉千真が相手のパスをカットすると、そのまま持ち込み中央へグラウンダーのクロス。これを19歳のMF中坂勇哉がダイレクトで左足を振り抜くと、ブロックに入った相手の股を抜くシュートがゴールネットを揺らした。前節の浦和戦に続く中坂の2試合連続弾で神戸が先制に成功する。

 1-0で前半を折り返した神戸は、後半立ち上がりの53分、藤田直之のロングスローからチャンスを掴み、最後は岩波拓也が押し込んで追加点をゲット。神戸が2-0とリードを広げた。

 その後も大宮ゴールにシュートの雨を降らせた神戸だが、追加点はならず。しかし、きっちりと大宮の反撃をゼロで抑え、2-0で勝利。首位をがっちりとキープした。

 決勝弾の中坂は、2戦連発にも「チームで勝てたことがよかった。そこはあまり意識していない」と謙虚なコメント。5月にU-20ワールドカップを控えるU-20日本代表のメンバーには招集されていない中坂だが、東京五輪世代でもあるだけに、今後の成長が楽しみな若手が台頭してきた。

 一方、6連敗となった大宮の渋谷洋樹監督は、フラッシュインタビューの際に「言うことはありません」と肩を落とした。
【関連記事】
名古屋が暫定首位に浮上!玉田の直接FK、杉本の移籍後初ゴールで讃岐を撃破
DF奈良が手負いの川崎を救う起死回生の一発でドローに持ち込む。劣勢の甲府はAT弾で先制も…
浦和が怒涛の7ゴールで暫定首位に浮上!興梠ハットトリック、KLM揃い踏みで仙台を粉砕
久保建英が鮮烈FK弾など躍動! プレミアリーグEAST & WESTの開幕全5試合を詳報!
【仙台】過去最多7失点…。歴史的大敗後、サポーターが見せたまさかの行動とは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ