• トップ
  • ニュース一覧
  • 「使われ続ければ、結果を残せる自信はあった」月間MVP受賞の遠藤航が示した矜持。18年ぶりの偉業達成には「思った以上に身体が動けていた」

「使われ続ければ、結果を残せる自信はあった」月間MVP受賞の遠藤航が示した矜持。18年ぶりの偉業達成には「思った以上に身体が動けていた」

カテゴリ:日本代表

江國森(サッカーダイジェストWeb編集部/現地特派)

2024年01月08日

「試合に出続けることが自分にとっては大事だった」

練習後に取材に応じる遠藤。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 リバプールの遠藤航は、アレクシス・マカリステルの故障を機に出番を増やすと、継続して攻守にハイパフォーマンスを披露。ユルゲン・クロップ監督の信頼をがっちり掴み、現地での評価もうなぎ上りだ。

 それは、12月のクラブの月間MVPに輝いたという事実からも明らかだ。世界最高峰のプレミアリーグで首位に立つ名門で、この名誉を授かるのは簡単でなない。

 アジアカップ出場のためにチームを離れた遠藤は、日本代表の練習後の取材で月間MVPについて質問を受けると、「ずっと試合に出てたからじゃないですか」と謙遜しつつ、こう自負を覗かせた。

「連戦の中で練習は正直、できる時間というのは多くないんで、試合でアダプトしていくしかないという状況ではあったんですけど、この12月はずっとプレーして慣れてきたというのもあります。最後は怪我人も出て、出るしかない状況になったというのはありますけど、使われ続ければこうやって結果を残せるという自信はあったし、試合に出続けることが自分にとっては大事だったのかな」

【PHOTO】アジアカップに挑む日本代表招集メンバー26人を一挙紹介
 その中で、リバプールの選手として18年ぶりとなる13日間で5試合に先発という偉業達成もあった。

 その点については、「思った以上に身体が動けていたというか、走行距離もいつもだいぶ上のほうにいて、それが6番(アンカー)の求められている仕事。楽しみながらやっています」と話している。

「楽しめている」という言葉からも、ハイレベルなリーグでタイトル争いをしている充実感が伝わってきた。

取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部/現地特派)

「間違いなくそういう意図で言ったのではない」冨安健洋がアジア杯に関する苦言の“真意”を説明「AFCに対して発信したつもり」【現地発】

「抜けたくないとかは思っていない」「問題はありますけど」リバプール離脱の遠藤航、アジアカップ集中を強調!「しっかりマカリステルとバトンタッチしてきた」【現地発】

【アジア杯PHOTO】カタールで屋外練習を開始した日本代表!選手たちの表情を現地よりお届け!
【関連記事】
離脱を嘆いたクロップ監督、アジア杯に向かう遠藤航にかけた言葉は? 記者陣を笑わせた一言
「間違いなくそういう意図で言ったのではない」冨安健洋がアジア杯に関する苦言の“真意”を説明「AFCに対して発信したつもり」【現地発】
「お前、流してただろ」アーセナル冨安健洋、復帰戦のプレーを“ダメ出し”された選手を明かす
「ちょっと物足りない」冨安健洋、日本代表の“若手底上げ”に意見「僕とか律は19、20歳で代表に入っていた」
「抜けたくないとかは思っていない」「問題はありますけど」リバプール離脱の遠藤航、アジアカップ集中を強調!「しっかりマカリステルとバトンタッチしてきた」【現地発】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ