ワールド Photo新着

  • ゴンサロ・イグアイン(FW)|ユベントス→ミラン|レンタル移籍|今夏の移籍市場で、レアル・マドリーからクリスチアーノ・ロナウドが加入したのを受け、立場が揺らいだこともあり、急転直下でミランへ加入。今シーズンは手数料1800万ユーロ(約23億円)のレンタル移籍で加入し、シーズン終了後に移籍金3600万ユーロ(約46億8000万円)で買い取ることで合意したようだ。(写真はミラン公式ツイッターより)
  • レオナルド・ボヌッチ(DF)|ミラン→ユベントス|移籍金:3500万ユーロ(約45億円)|局面を一気に進める正確なロングフィードが光る世界最高レベルのCB。ユベントスはわずか1年前にクラブを飛び出し、ミランのキャプテンマークまで巻いたボヌッチの復帰を受け入れた。(写真はユベントス公式ツイッターより)
  • アリソン(GK)|ローマ→リバプール|移籍金:7250万ユーロ(約95億円)|ブラジル代表の守護神で、移籍金はGK史上最高額。これ以上ない評価を受け、満を持してリバプールへ入団したアリソンは、「とてもハッピーだ」と喜びのコメントを口にしている。(写真はリバプールの公式ツイッターより)
  • ケパ・アリサバラガ(GK)|アスレティック・ビルバオ→チェルシー|移籍金:8000万ユーロ(約104億円)|2016-17シーズンにビルバオでトップチームデビュー。各年代のスペイン代表にも名を連ね、17年にA代表デビュー。先のロシア・ワールドカップでも、最終メンバー入りを果たした。契約期間は7年で、移籍金は今夏にローマからリバプールに新天地を求めたブラジル代表アリソンを抜いての、GKとしての史上最高額となる。(写真はチェルシー公式ツイッターより)
  • 本田圭佑(MF)|無所属→メルボルン・ビクトリー|フリートランスファー|昨シーズン限りでパチューカを退団してから、無所属の状態が続いていた本田が新天地に選んだのはオーストラリア。現地複数報道によると、本田は給与制限を受けないマーキー・プレーヤーとして、290万豪ドル(約2億3780万円)を受け取るとされている。(C)Getty Images
  • バルセロナ(H) (C)NIKE
  • バルセロナ(A) (C)NIKE
  • レアル・マドリー(H) (C)adidas
  • レアル・マドリー(A) (C)adidas
  • アトレティコ・マドリー(H) (C)NIKE
  • C・ロナウドと愛車マクラーレン(写真は本人のインスタグラムより)
  • C・ロナウドと愛車フェラーリと愛犬たち(写真は本人のインスタグラムより)
  • C・ロナウドと愛車ロールスロイス(写真は本人のインスタグラムより)
  • C・ロナウドと愛車マスタング(写真は本人のインスタグラムより)
  • C・ロナウドと愛車フェラーリ白(写真は本人のインスタグラムより)
  • リオネル・メッシ(アルゼンチン)(C)Getty Images
  • リオネル・メッシ(アルゼンチン)(C)Getty Images
  • リオネル・メッシ(アルゼンチン)(C)Getty Images
  • ネイマール(ブラジル)(C)Getty Images
  • ネイマール(ブラジル)(C)Getty Images
  • クリスチアーノ・ロナウド(FW)|R・マドリー→ユベントス|移籍金:1億500万ユーロ(約137億1000万円)|2009年6月にマドリーに移籍して以来、9年間に渡って銀河系軍団のシンボルとして君臨してきたスパースターはキャリアで初めてイタリアへ。33歳という年齢ながらそのプレーに衰えは見えず、年棒39億円の4年契約というビッグディールを勝ち取った。 (C) Getty Images
  • ジャンルイジ・ブッフォン(GK)|ユベントス→パリSG|フリートランスファー|ユベントスでは22ものタイトル獲得に貢献し、代表では2006年ドイツ・ワールドカップで世界の頂点に昇り詰めた名GK。40歳となってもまだまだエネルギッシュな「ジジ」に対し、古巣ユベントスは公式ツイッターで「また会おう、ありがとう!」と感謝の言葉を綴っている。(C) Getty Images
  • アンドレス・イニエスタ(MF)|バルセロナ→ヴィッセル神戸|フリートランスファー|バルサのカンテラで育ち、数々のメジャータイトルを獲得した世界的なクラック。一時は中国スーパーリーグ行きが有力と見られていたものの、楽天の三木谷社長からの熱烈なオファーを受け、神戸入りを決断した。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)
  • フェルナンド・トーレス(FW)|A・マドリー→サガン鳥栖|フリートランスファー|アトレティコ退団を発表してから、新天地にはMLS(メジャーリーグサッカー)、中国などが挙がっていたが日本行きを決断。「鳥栖は僕に興味を持ってくれた最初のクラブだったんだ。本当に特別な気分だ」と新たな挑戦に意気込みを語っている。写真:田中研治
  • リャド・マハレズ(MF)|レスター→マンチェスター・C|移籍金:6780万ユーロ(約88億3500万円)|ペップ・グアルディオラ監督との共闘を強く望んでいたマハレズのシティ移籍がついに実現。クラブの公式サイトでも「その攻撃的なスタイルは僕の好みで、完璧にフィットするはずだ。この日を待ち望んでいた」と喜びのコメントを寄せている。(C) Getty Images
  • 2018年ロシア・ワールドカップ王者、フランス代表 (C) Getty Images
  • #1 GK ユーゴ・ロリス 6試合540分間出場・11セーブ・6失点 (C) Getty Images
  • #2 DF バンジャマン・パバール 6試合540間出場・1得点0アシスト (C) Getty Images
  • #3 DF プレスネル・キンペンベ 1試合90分間出場・0得点0アシスト (C) Getty Images
  • #4 DF ラファエル・ヴァランヌ 7試合630分間出場・1得点0アシスト (C) Getty Images
  • ロシア・ワールドカップで準決勝に駒を進めたフランス、ベルギー、クロアチア、イングランド。激闘を前に、これら4か国の過去の準決勝での激闘を振り返ろう。写真は1982年スペイン大会準決勝フランス(3-3・5PK4)西ドイツのPK戦。フランスのジレスはW杯の歴史におけるPK戦での最初のキッカーとなり、見事に成功させた。 (C) Getty Images
  • 1958年スウェーデン大会|フランス 2-5 ブラジル|初優勝を果たすことになるブラジルに5ゴールを許したフランスだが、フォンテーヌが1得点を記録。3位決定戦で4点を加え、計13ゴールで得点王に輝いた。 (C) Getty Images
  • 1958年スウェーデン大会|フランス 2-5 ブラジル|17歳のペレにハットトリックを許した。 (C) Getty Images
  • 1982年スペイン大会|フランス 3(4PK5)3 西ドイツ|華麗な中盤を指揮し、同点PKを決めたプラティニ。 (C) Getty Images
  • 1982年スペイン大会|フランス 3(4PK5)3 西ドイツ|後半、抜け出したバチストンがGKシューマッヒャーの“ヒップアタック”を受けて昏倒。骨折の重傷を負って担架で運び出された。 (C) Getty Images
  • 激しいぶつかり合いのなかでピッチに倒れる選手たち。そんな彼らに、敵でありながらも真っ先に手を差し伸べる美しい光景のごく一部を、ここに並べよう。 (C) Getty Images
  • 2018年ロシアW杯・決勝トーナメント1回戦・ウルグアイ対ポルトガル。 (C) Getty Images
  • 2018年ロシアW杯・決勝トーナメント1回戦・ベルギー対日本。 (C) Getty Images
  • 2018年ロシアW杯・グループリーグ・フランス対デンマーク。 (C) Getty Images
  • 2018年ロシアW杯・決勝トーナメント1回戦・ウルグアイ対ポルトガル。 (C) Getty Images
  • なぜそのマスク?ポーズともにシュール度No.1。(C)Getty Images
  • 眉毛までデコレーション。(C)Getty Images
  • ツタンカーメンのコスプレ。(C)Getty Images
  • ボウリングジャパン。(C)Getty Images
  • ド派手に決まっているコロンビアのサポ―ター。(C)Getty Images
  • 【イニエスタPHOTO】ウォームアップでピッチに姿をみせたイニエスタ。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)
  • 【イニエスタPHOTO】ボールを使いながら軽くジョギング。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)
  • 【イニエスタPHOTO】リフティングするイニエスタ。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)
  • 【イニエスタPHOTO】パス交換するイニエスタ。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)
  • 【イニエスタPHOTO】先発メンバーと一緒にストレッチ。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)
  • (C)Getty Images
  • (C)Getty Images
  • (C)Getty Images
  • (C)Getty Images
  • (C)Getty Images
  • 【前日会見と練習】前日会見には多くの記者とカメラマンが詰めかけた。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)
  • 【前日会見と練習】西野監督にイヤーモニターをつける長谷部。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)
  • 【前日会見と練習】質問に答える西野監督。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)
  • 【前日会見と練習】西野監督と長谷部は冒頭大阪北部地震に触れ、被災者にお見舞いの言葉を述べた。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)
  • 【前日会見と練習】今日の会見と練習は明日コロンビア戦のあるモルドビア・アレーナで行われた。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)
  • エルベ・ルナール/モロッコ代表監督 (C)Getty Images
  • ヨアヒム・レーブ/ドイツ代表監督 (C)Getty Images
  • ベルト・ファン・マルバイク/オーストラリア代表監督 (C)Getty Images
  • 西野朗/日本代表監督 (C)Getty Images
  • ズラトコ・ダリッチ/クロアチア代表 (CGetty Images
  • ブラジル(21大会連続21回目)|連盟設立:1914年|FIFA加盟:1923年|FIFAランク:2位|CONMEBOLランク:1位|最高成績:優勝(1958, 1962, 1970, 1994, 2002)|愛称:カナリア(黄色)、セレソン(選抜)(C)Getty Images
  • 背番号1|ALISSON(アリソン)|GK|1992年10月2日生まれ|191㎝・91㎏|ローマ(ITA)所属|ほぼノーミスで乗り切った南米予選は、18試合中16試合にフル出場。指揮官が厚い信頼を寄せる絶対的な守護神だ。1m91cmの長身ながらステップは軽やか。状況判断が的確で反射神経に優れ、上にも下にも強い。(C)Getty Images
  • 背番号2|THIAGO SILVA(チアゴ・シウバ)|DF|1984年9月22日生まれ|183㎝・79㎏|パリSG(FRA)所属|33歳を迎えても衰えは感じられず、依然として世界のトップクラスだ。主将として臨んだ前回大会は準々決勝の不用意なファウルによる累積警告で準決勝を欠場し、大敗を招いた一因に。4年前のリベンジを期す。(C)Getty Images
  • 背番号3|MIRANDA(ミランダ)|DF|1984年9月7日生まれ|186㎝・76㎏|インテル(ITA)所属|予選ではD・アウベスとともにチーム最多の17試合にフル出場した守備の柱にして、チームリーダー。黙々と任務を遂行する職人肌のCBは、戦況を読む確かな眼を持ち、冷静沈着に最終ラインをコントロールする。(C)Getty Images
  • 背番号4|PEDRO GEROMEL(ペドロ・ジェロメウ)|DF|1985年9月21日生まれ|190㎝・84㎏|グレミオ所属|ブンデスリーガのケルンで4シーズンプレーした経験を持つ実力派。昨シーズンにはグレミオの南米制覇にも貢献したブラジル国内屈指のCBだ。 (C)Getty Images

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    7月19日発売
    永久完全保存版!
    ロシアW杯
    大会総集編
    全64試合を徹底レビュー
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月23日号
    8月9日発売
    W杯戦士の新シーズンを占う
    「欧州組」開幕ガイド
    乾貴士・独占インタビュー
    FC東京ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    2018-2019シーズン
    プレミアリーグ選手名鑑
    全20クラブの
    新戦力を完全網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24