ワールド Photo新着

  • セルヒオ・ラモス(31歳)|レアル・マドリー所属/スペイン代表|まずはスーパースター軍団R・マドリーのキャプテンにして、世界最高のCBと評されるこの人から。スペイン・サッカー界きってのお洒落さんとして知られ、デビュー当時は肩を越えるほどの長髪だった。(C) REUTERES/AFLO
  • オリビエ・ジルー(31歳)|アーセナル所属/フランス代表|続いては、192cm・88㎏の屈強なボディーを持つこのストライカーだ。母国フランスでプレーしていた頃には、「リーグ・アン(フランス1部)で最もセクシーな選手」に選ばれ、プレミアリーグに活躍の場を移してからも同様のアンケートで1位に輝いたモテ男。(C) Getty Images
  • マッツ・フンメルス(28歳)|バイエルン所属/ドイツ代表|セルヒオ・ラモスと並び称される世界屈指のCB。最近の流行りからすると髭の長さは控えめだが、このくらいのほうが端正なマスクが引き立つ? (C) Getty Images
  • クラウディオ・マルキージオ(31歳)|ユベントス所属/イタリア代表|7歳で入団以来、ユベントス一筋を貫く(1年間だけレンタル先のエンポリでプレー)痩身のMF。イタリアではファッショニスタ(ファッションに敏感な人)として有名で、『GQ』などのファッション誌にたびたび登場する。(C) Getty Images
  • セオ・ウォルコット(28歳)|アーセナル所属/イングランド代表|17歳でワールドカップのメンバーに選出されたエリートで、その快足はサッカー界でもトップクラスと評される。父親はジャマイカ系英国人。(C) Getty Images
  • 内田篤人(DF)|シャルケ → ウニオン・ベルリン|移籍金非公表|昨年12月に右膝の大怪我から復帰も、出場機会に恵まれずに7年を過ごしたクラブに移籍を志願。「アツトからフットボールを奪えない」というシャルケの後押しもあり、かつて薫陶を受けたケラー監督率いるウニオンへ加入した。本人は「早くピッチへ」とやる気に満ちている。 (C) Getty Images
  • ウスマンヌ・デンベレ(MF)|ドルトムント → バルセロナ|移籍金1億500万ユーロ+4000万ボーナス(約185億6000万円)|バルサからパリSGへ移籍したネイマールに続く史上2番目の金額で加入したプロデビューわずか2年の新星ドリブラー。入団会見では、「僕はネイマールの代役じゃない」と意気込んだ。 (C) Getty Images
  • ズラタン・イブラヒモビッチ(FW)|無所属 → マンチェスター・U|フリートランスファー|昨シーズンは、35歳でのプレミア初挑戦ながら公式戦46試合で28ゴール・10アシストを記録した。しかし、今年4月のアンデルレヒト戦で右膝十字靭帯断裂の重傷を負い、契約延長交渉が破談し、無所属に。しかし、その後、懸命なリハビリが実って早期復帰に目途が立つと、リハビリ施設を提供するなど良好な関係を築いていたマンチェスター・Uとの再契約が実現した。 (C) Getty Images
  • レオナルド・ボヌッチ(DF)|ユベントス → ミラン|移籍金4200万ユーロ(約53億7600万円)|アッレグリ監督との確執が原因でユベントス退団を決断。中国マネーで大型補強を敢行していたミランと5年契約を結んだ。抜群のリーダーシップとカリスマ性を兼ねるCBだけにミランの守備力向上が期待される。新キャプテン就任はクラブの信頼度の表れだ。 (C) Getty Images
  • フェデリコ・ベルナルデスキ(MF)|フィオレンティーナ → ユベントス|移籍金4000万ユーロ(約51億2000万円)|フィオレンティーナからユベントスへ“禁断の移籍”を果たした若きファンタジアスタ。非凡な攻撃的センスはあのロベルト・バッジョを彷彿とさせる。新天地での背番号は「33」に決まった。 (C) Alberto LINGRIA
  • 【浦和1-0シャペコエンセ】日本サッカー殿堂入りを果たし、表彰されるジーコ。写真:徳原隆元
  • 【浦和1-0シャペコエンセ】浦和レッズの社長が、シャペコエンセに義援金を贈呈。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)
  • 【浦和1-0シャペコエンセ】埼玉スタジアムで行われたスルガ銀行チャンピオンシップの決勝。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)
  • 【浦和1-0シャペコエンセ】浦和レッズのスターティングイレブン。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)
  • 【浦和1-0シャペコエンセ】浦和レッズの堀監督。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)
  • ネイマール(FW)|バルセロナ → パリSG|フリートランスファー|2億2200万ユーロ(約284億円)というバルサが設定した契約解除金の高さから当初は絵空事として扱われていたが、次第に現実味が増し、8月3日に選手自らが違約金を支払って、史上最高額でのパリSG移籍が正式に決定した。入団会見では「僕の心が僕に語りかけてきた」と決断理由を明かした。ちなみに背番号は「10」だ。 (C) REUTERS/AFLO
  • ハメス・ロドリゲス(MF)|R・マドリー → バイエルン|買い取りオプションが付いた2年レンタル|マドリードに向かう準備中にかつての恩師であるアンチェロッティから「君に来て欲しい」と直接電話を受けて、わずか4日でバイエルンへの電撃移籍が成立した。ルンメニゲCEOも「バイエルンのクオリティーをまたひとつ上げてくれる」と大きな期待を寄せている。 (C) Getty Images
  • ロメル・ルカク(FW)|エバートン → マンチェスター・U|移籍金8470万ユーロ(約108億4160万円)|16-17シーズンはプレミアリーグで25ゴールを挙げた大型CF。今夏は古巣チェルシー入りが最有力と伝えられていたが、ルカクの代理人がマンUに多くの選手を送り込んでいるミーノ・ライオラであることなどが要因となり移籍が決定した。当人は「人生で一度しかない機会だった」と明かしている。 (C) Getty Images
  • 本田圭佑(MF)|フリー → パチューカ|フリートランスファー|ミランとの契約が満了となり、スペインやイングランド、アメリカなどのクラブからオファーが届くなかで未開の土地とも言うべきメキシコを新天地に選んだ。本人は「無難な選択をしようとしていた自分に腹が立ったんです。そんな自分が退屈で…」と決断の理由を明かしている。 (C) Getty Images
  • 柴崎岳(MF)|テネリフェ → ヘタフェ|フリートランスファー|今年1月に鹿島からスペイン2部のテネリフェでの挑戦を決意したテクニシャンがついにプリメーラ(1部)への切符を掴む。入団会見では「この舞台でプレーすることが夢だった」と笑顔で語った柴崎の新天地での背番号は「10」だ。 (C) Getty Images
  • 辻しおりさん(好きな選手:清武弘嗣)「次は絶対に試合に出てください」 (C) SOCCER DIGEST
  • 川上真緒さん(好きな選手:杉本健勇)「優勝期待してます!」 (C) SOCCER DIGEST
  • 福元里奈さん(好きな選手:山口蛍)「首位キープ! 応援しています!」 (C) SOCCER DIGEST
  • 藤本美鈴さん(好きな選手:清武弘嗣)「大好きです!」/鳩岡優さん(好きな選手:香川真司)「がんばって下さい!」 (C) SOCCER DIGEST
  • 森本由紀さん(好きな選手:清武弘嗣)「がんばってください!」 (C) SOCCER DIGEST
  • 【浦和2-3ドルトムント】浦和レッズのスターティングメンバー。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)
  • 【浦和2-3ドルトムント】ボルシア・ドルトムントのスターティングメンバー。写真:サッカーダイジェスト
  • 【浦和2-3ドルトムント】前半24分、浦和はCKのボールに興梠が合わせて先制ゴールをあげる。写真:サッカーダイジェスト
  • 【浦和2-3ドルトムント】スライディングタックルでボールを奪う阿部。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)
  • 【浦和2-3ドルトムント】シュメルツァーがドリブルで持ち上がる。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)
  • 穂積由さん(好きな選手:内田篤人)「いつか生で見たいです。がんばってください!!」写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)
  • 山本晴佳さん(好きな選手:香川真司)「応援しています☺」写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)
  • スイスから来た女性サポーターさん(好きな選手:香川真司)「Best of Luck.」写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)
  • 平井有紗さん(好きな選手:香川真司♡)「だいすきです♡がんばって下さい!!」、西田望美さん(好きな選手:ロイス♡)「大好きです!会いたかった!!」写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)
  • 関優里奈さん(好きな選手:ネイマール)「大好きです。」津嶋有花さん(好きな選手:大迫勇也)「ケルンでの活躍期待してます!」写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)
  • 2014年の『第14回全日本国民的美少女コンテスト』でグランプリした髙橋ひかるさん。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)
  • 髙橋さんは子供の頃、『キャプテン翼』や『イナズマイレブン』に夢中だったという。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)
  • 髙橋さんが上げたイケメンサッカー選手は、C・ロナウド、クラニチャール、ラノッキアの3人だった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)
  • 髙橋さんは中高のサッカー部マネージャーにも憧れていたという。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)
  • 将来を嘱望される久保建英(FC東京)と同じ年の髙橋さん。刺激を受けるという。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)
  • 昇格プレーオフ決勝・第2レグ① (C)Getty Images
  • 昇格プレーオフ決勝・第2レグ② (C)Getty Images
  • 昇格プレーオフ決勝・第2レグ③ (C)Getty Images
  • 昇格プレーオフ決勝・第2レグ④ (C)Getty Images
  • 昇格プレーオフ決勝・第2レグ⑤ (C)Getty Images
  • 試合前に笑顔で互いの健闘を誓いあったブッフォンとS・ラモス。 写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)
  • 先発にはいつも通りの、ベストメンバーを揃えたユーベ。 写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)
  • R・マドリーの先発メンバー。前線にはイスコを起用したため、地元ウェールズのベイルはベンチスタートとなった。 写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)
  • 立ち上がりから積極的に仕掛けたユーベ。開始早々にイグアインが相手ゴールを急襲するシュートを放った。
  • 果敢に仕掛けるディバラを身を挺して食い止めるS・ラモス。 (C) Alberto LINGRIA
  • 2014年1月8日の入団会見。サン・シーロの特別室にレッドカーペットが敷かれ、多くの報道陣が詰めかけた。(C)Getty Images
  • ミラン・デビューは2014年1月12日のサッスオーロ戦だった。(C)Getty Images
  • ミランでの背番号は自ら志願して「10」を選択した。(C)Getty Images
  • 待望の初ゴールは2014年1月15日のスペツィア戦(コッパ・イタリア)。GKが弾いたボールを左足で押し込んだ。(C)Getty Images
  • セリエA初ゴールは2014年4月8日のジェノア戦。GKが出てきたところをチップキックでかわして決めた。(C)Getty Images
  • トレーニングで笑顔を見せる。ここ最近の充実ぶりを物語る表情だ。写真:佐藤香織
  • 移籍から約3か月、チームカラーのブルーもすっかり似合ってきた。写真:佐藤香織
  • チームの輪に溶け込んでいる様子が垣間見える。写真:佐藤香織
  • チームメイトとランニングに励む。写真:佐藤香織
  • スタジアムから見下ろした風景。右手に見えるのがサブグラウンド。奥には海が見える。テネリフェは「大西洋のハワイ」とも呼ばれるリゾート地だ。写真:佐藤香織
  • 2010年9月19日|シャルケ 1-3 ドルトムント|チャンスを逃さず、ドリブルで持ち込んで先制ゴール! 初のダービーで2点を挙げた新加入の日本人は一躍ヒーローとなり、早くもその地位を確立した。香川のキャリアにおいて最も重要な一戦のひとつである。 (C) Getty Images
  • 2010年9月19日|シャルケ 1-3 ドルトムント|2点目は右からのクロスにジャンプ一番、左足でダイナミックに押し込んだ。祝福するのはシュメルツァー。 (C) Getty Images
  • 2010年9月19日|シャルケ 1-3 ドルトムント|敵地で宿敵を撃破。ファンに至福の時を提供した香川は、たちまち彼らのヒーロー、アイドルとなった。 (C) Getty Images
  • 2010年9月19日|シャルケ 1-3 ドルトムント|後半途中に交代でピッチを退く。迎えるユルゲン・クロップ監督も満面の笑顔だった。 (C) Getty Images
  • 2011年7月23日|シャルケ 0(4PK3)0 ドルトムント|これはブンデスリーガではなくDFLスーパーカップ。リーグ王者のドルトムントとDFBカップ王者のシャルケが、後者のホームで対戦した。香川はスタメンとして、120分間ピッチに立ち続けた(PKは蹴らず)。右はラウール。 (C) Getty Images
  • 代表デビュー戦/2004年6月6日/ハンガリー戦(親善試合)  (C)Getty Images
  • 2004年6月23日/チェコ戦(EURO2004)  (C)Getty Images
  • 代表初ゴール/2004年12月21日/タイ戦(親善試合)  (C)Getty Images
  • 2004年9月8日/ブラジル戦(親善試合)  (C)Getty Images
  • 2005年6月8日/ロシア戦(親善試合)  (C)Getty Images
  • 決戦の舞台となったカンプ・ノウ (C) Getty Images
  • 整列するバルセロナの選手。(C) Getty Images
  • スアレスは3分に先制点を奪うなど躍動した。(C) Getty Images
  • メッシはPKで1ゴールを決めた。(C) SOCCER DIGEST
  • キャプテンのイニエスタは40分にオウンゴールを誘発するヒールで魅せた。(C)SOCCER DIGEST

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ助っ人列伝 1993-2017
    9月20日発売
    ジーコからポドルスキまで──
    過去25年間の歴代外国人選手
    総勢1916人を一挙紹介!
    オリジナルWCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月26日号
    10月12日発売
    3大テーマから探る
    J1&J2全40クラブの
    補強戦略
    クラブダイジェストは札幌!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト  責任編集
    9月8日発売
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    欧州選手名鑑の完全決定版!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェストVol.493
    10月4日発売
    ヨーロッパ主要クラブ
    「戦術・スタイル」
    最新ガイド
    特製WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.21
    7月12日発売
    夏の決定版!!
    インターハイ選手名鑑
    男子出場全55チームを網羅
    1100選手の顔写真&データ満載
    詳細はこちら

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24