オランダで17歳の大器がプロデビュー! “フリット&クライフ”のDNAを受け継ぐ極上サラブレッドが…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月23日

AZの下部組織で才能を育まれたレフティー

父ルートの若い頃にそっくりなマキシム・フリット。佇まいはどこかしらクライフにも……。(C)Getty Images

画像を見る

 オランダの2部リーグで、17歳に大器がプロデビューを飾った。
 
 現地時間4月22日、FCトゥベンテ対AZアルクマールⅡの一戦だ。0-0で迎えた71分、AZⅡのベンチからピッチに送り込まれたのは、DFマキシム・フリット。父親は元オランダ代表のレジェンドであるルート・フリットそのひとで、息子マキシムも父親譲りのすらりとした長身が自慢だ(ただし利き足は左)。さらに彼の母親は、元女優でモデルのエステール・クライフさん。かの伝説的名手、ヨハン・クライフの姪である。
 
 両親は2013年に離婚したが、この極上の血統を持つサラブレッドはAZの下部組織で才能を育まれ、この日晴れてプロデビューを飾ったのだ。主将であるヨリス・クレイマーに代わってセンターバックに入ると、堂々たるプレーを披露。首位を走る強豪相手のクリーンシート達成に貢献したのである(試合はスコアレスドローで終了)。
 
 これには父ルートも感動しきりで、自身のインスタグラムで想いを吐露。「今日、わたしの息子がプロフェッショナルとしてのデビューを飾った。本当に誇らしく思う。おめでとう、我が息子よ!」と綴っている。
 
 左サイドバックでもプレーするというマキシム青年。はたしてこれからどんなプロキャリアを歩んでいくのだろうか。実に楽しみなビッグタレントが、新しい第1歩を踏み出した。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ