Jクラブ注目の21歳MFに老練な韓国人指揮官… 日本の次なる相手、若きベトナム代表の勢いが侮れない|アジア杯

カテゴリ:国際大会

佐々木裕介

2019年01月22日

パク・ハンソ監督は首相から勲章を授与される英雄に

2007年の自国開催以来の8強進出を果たしたベトナム。日本を相手にいかなるサッカーを見せるのだろうか。前列右から2番目、19番がグエン・クアン・ハイ。(C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 昨年12月、SUZUKI CUPを制して10年ぶりにASEAN王者となったベトナム代表が、UAEの地でも躍動している。

 グループステージを1勝2敗の3位で終え、各グループ3位の上位4か国での勝ち抜けスロット“最後のひと枠”を争ったレバノン代表とは実に“フェアプレーポイント”の差であった。

 ラウンド16で相まみえたのはヨルダン代表。今大会初戦でオーストラリア代表に勝ち切り、無失点で勝ち上がってきたアル・ナシャマ(ヨルダン代表の愛称)は、ベトナムにとっては難敵と思われたのだが――。

 この試合で筆者はベトナムの命運の鍵を握ると思われるふたりのキーパーソンに注目した。パク・ハンソ監督とMFグエン・クアン・ハイ(ハノイ所属)である。

「東南アジアの頂点も格別だが、アジア地域でより高みへ向かって努力する」

 東南アジア最高位をもぎ取ってみせ、アジアカップへの意気込みをこう語っていた韓国人指揮官。グエン・スアン・フック首相から勲章を授与され、ベトナム国内では時の人となっている。そして試合前のメディアセンターには多くの韓国メディアが押し寄せていた。自国でも注目を集めている証だろう。

 日曜日の昼下がり、スタジアムには1万4205人のファンが集った。両国のファン比率は3対7でヨルダンが優勢。場内に流れる中東的BGMにヨルダン・ファンが乗っかり空気を創っていた。

 試合開始前の国歌斉唱、FWグエン・コン・フォン(ホアンアイン・ザライ所属/元水戸)が大声で歌う姿がスクリーンに映し出されると、ベトナム・ファンも負けじと歓声を上げ、戦闘モードへのスイッチを入れていた。
 
 試合は、39分にMFバハ・アブデルラフマン(アル・ファイサリ所属)のFKでヨルダンが先制し、優勢のまま折り返す。しかし迎えた後半は、終始ベトナムのペースで進んだ。そして51分にMFグエン・トロン・ホアン(FLCタインホア所属)の絶妙クロスに、FWグエン・コン・フォンが合わせて振り出しに戻した。その後も6割近いポゼッション率を誇りグループステージ無失点のヨルダンを攻め立てた。試合は延長戦でも決着がつかずPK戦へ。そして、越露混血のGKダン・バン・ラム(シマン・ハイフォン所属)の活躍によってヨルダンを下し、“ジャイアント・キリング”を実現してみせたベトナム。ヨルダンの長所である縦に放り込んでくるカウンターへの対策もきっちりと講じてきたパク采配は天晴れだった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ