• トップ
  • ニュース一覧
  • 「Jリーグじゃ抑えられない選手になりたい」マリノス内定FW塩貝健人が超えるべき壁「もう一度、地に足をつけてやっていく」

「Jリーグじゃ抑えられない選手になりたい」マリノス内定FW塩貝健人が超えるべき壁「もう一度、地に足をつけてやっていく」

カテゴリ:大学

安藤隆人

2024年07月01日

ベンチ入りが決まったのは前日の夜

すでにJの舞台で経験を積んでいる慶應大の塩貝。アミノバイタルカップの3決には急きょ出場した。写真:安藤隆人

画像を見る

 6月13日に開幕したアミノバイタルカップ。最終日に組まれた3位決定戦の慶應義塾大vs.国士舘大の試合前のメンバー表を見て驚いた。慶應大のベンチにFW塩貝健人の名前が載っていたのだ。

 大学2年生ながら横浜F・マリノス入りが内定している塩貝は、横浜ですでにJ1デビューを飾り、初ゴールもマーク。今季は横浜に帯同することが多く、アミノバイタルカップ期間中も慶應大を離れて帯同しており、今大会は一度もベンチ入りをしていなかった。

 それが突然のメンバー入り。0-0で迎えた51分にピッチに投入された。

 国士舘大が塩貝にマンマークをつけるなど要警戒するなかで、塩貝はドリブル突破からゴールに迫ったり、CKのこぼれから決定的なシュートを放ったりと、存在感を見せつけた。

 しかし、チームは79分に失点すると、終盤は塩貝のところにボールが行く機会が少なくなってしまい、そのまま0-1の敗戦。4位で今大会を終えた。

 試合後のミックスゾーン。悔しさを滲ませた塩貝はこの結果をこう振り返った。

「今日の試合で途中から40分間出場して、点を取ることができなかったというのは、マリノスでも結果を残せていない自分に繋がっていると思います」
【PHOTO】コンセプトはFIRE(炎)! 日本代表が新ユニホームを発表! 久保建英、長谷川唯ら選手着用ショット!
 ベンチ入りが決まったのは前日の夜のことだった。この大会が始まってからずっと横浜でプレーし、6月26日のJ1第20節・アビスパ福岡戦では71分から投入され、今季6試合目の出場を果たしていた。

 だが、29日の第21節・東京ヴェルディ戦でベンチ外になったことで、急きょ翌日の3位決定戦への出番が訪れたという流れだった。

「出るからにはチームを勝たせたかったし、ゴールを決めたかった。何もできなかったという事実があるので、もう一度、地に足をつけて一からやっていきたいと感じました」

 ピッチ上では獰猛なストライカーであり、ピッチ外でも強気な姿勢を打ち出す彼だが、悔しさを露わにしながらも、しっかりと自分にベクトルを向けながら言葉を紡ぎ出せるのが大きな魅力であり、賢さでもある。

 塩貝は今の状況をどう捉えているのか。話を進めると、彼が積んでいる経験の価値をうかがい知ることができた。

「僕のポジションではアンデルソン・ロペス選手が出ていて、なかなかその代わりという役割を担えていないのですごく悔しいのですが、どんな状況でも地道にコツコツとやるしかないと思っています」

 FWとしてビッグクラブである横浜に入るということは、能力の高い日本人選手に加え、特出した武器を持った外国人選手とポジションを争わないといけないことは明白だった。彼自身もそれを理解したうえで、覚悟を持って内定を決めている。
 
【関連記事】
“有言実行”のJ1初ゴール。横浜の特別指定FW塩貝健人が示したポテンシャル
「世界に見つかってしまった」イタリア相手に圧巻ハット! U-19日本代表FW塩貝健人にファン注目「えぐすぎだろ」
インカレ決勝の観客は5000人に届かず...「マスコミの注目度も低い」大学サッカー界が改革に着手。全国大会の門戸拡大や“強化ラウンド”の新設も
三笘薫2世? ひたすら1対1を繰り返す筑波大のドリブラー角昂志郎は、天皇杯柏戦に向けて意欲満々「勝つことしか考えていません」
「レフェリングにも問題がある」「人の道に逸れた振る舞いがあったとしたら…」物議を醸す町田対筑波大戦に元Jリーガーがフェアな見解

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ