【J1採点&寸評】G大阪×広島|エースの決勝弾、堅守復活……。今季初勝利の広島で最も輝いたのは?

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2017年04月08日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広島――好セーブ連発でチームを救った守護神・林をMOMに選出。

【警告】G大阪=なし 広島=宮吉(78分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】林 卓人(広島)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
広島 6
「まずは失点ゼロ」のベースを取り戻し、待望の初勝利で上昇ムードに。もっとも、ビルドアップを含めたゲームマネジメントや連係プレーの向上など課題は山積みのため、及第点止まりとした。
 
【広島|採点・寸評】
MAN OF THE MATCH
GK
1 林 卓人 7
ピッチがスリッピーでも冷静さを保ち、鋭いセービングでG大阪の決定機を3回ストップ。この試合の「守備のMVP」と言うに相応しい活躍だった。
 
DF
4 水本裕貴 6.5
ペナルティエリア内での守備はまさに職人。シュートコースに飛び込んでブロックするなど、身体を張ったディフェンスは鬼気迫るものがあった。
 
5 千葉和彦 6
抜群の読みで縦パスを封じるだけでなく、球際にも躊躇なくダイビング。攻めては、プレスをいなしながら持ち上がってくさびを狙う“らしさ”も戻ってきた。
 
33 塩谷 司 5
球際で奪いに行くアグレッシブさは買いも、パスがあまりにアバウトすぎ。引っかけられて何度も攻め込まれ、試合を難しくしてしまった。
 
MF
2 野上結貴 6
絶え間なく上下動し、中盤を幅広くカバー。息が合わなかったA・ロペスとの連係は改善の余地ありも、慣れないボランチで与えられたタスクをこなした。
 
3 高橋壮也 5.5
藤春との1対1で火花。オフ・ザ・ボールで緩急を入れて裏のスペースをターゲットにするも、縦をえぐれず、中央へと誘導される場面が多かった。
 
10 フェリペ・シウバ 6(75分OUT)
コンビネーションに固執するのではなく、自ら攻める姿勢がバー直撃のシュート、そして工藤のゴールにつながった。今後の覚醒に期待だ。
 
16 清水航平 5.5
G大阪サポーターの大きなブーイングのなか、オ・ジェソクの攻防は優位に進めた。もっとも、後半はフリーながらボールが回って来ず、持ち味を発揮したとは言い難い。
 
30 柴﨑晃誠 6(86分OUT)
久々にボランチで先発出場。派手さこそないが、中盤の底でボールの出し入れを続けながら攻撃のチャンスを窺い、得点シーンの起点になった。
 
44 アンデルソン・ロペス 5
三浦の激しい寄せにパワー負けし、ボールをほとんど収められず。推進力やパワフルなシュートなど個の力があるのは間違いないが、精神的なムラを減らし、より効果的なプレーをチョイスしたい。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    4月20日発売
    2018ロシア・ワールドカップ
    観戦ガイド
    初心者も上級者も楽しめる
    デイリーガイド&選手名鑑!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    3月22日発売
    ロシアW杯・出場32か国
    戦術&キープレーヤー
    完全ガイド
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月26日号
    4月12日発売
    2018年シーズン J1リーグ
    スキル別最新ランキング
    絶好調の広島&山口を大特集!
    インタビューは伊東純也が登場
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月19日発売
    「データ」で読み解く
    チャンピオンズ・リーグと夏の移籍
    欧州4強大解剖
    メガ「ポジション別・需要と供給」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24