【J3昇格レポート】レノファ山口FC “維新の地”からの挑戦

カテゴリ:Jリーグ

上田真之介

2014年12月03日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新加入の岸田が得点王を獲得。環境面も徐々に改善傾向。

JFL参戦1年目の今季、前期は6位、後期は2位となり、年間順位4位でフィニッシュ。

画像を見る

 上野新体制では後方から組み立てるサッカーを目指したが、序盤戦は勝ち星に恵まれず、JFL前期は6位に沈んだ。挽回の一手として夏に期限付き移籍で山崎侑輝(熊本)や西森正明(長崎)らを獲得。さらに、裏へのスピードが武器の岸田和人の特長を最大限に引き出し、後期の序盤戦は盛り返しに成功する。
 
「(後期前に)選手の間でも、まずは結果を出そうという話をしていた。若いチームなので流れに乗れば勝てる。前期に負けていた鹿児島(○3-0)とヴェルスパ大分(○1-0)に気持ち良く勝てたのは大きかった」
 
 31歳のキャプテン、平林輝良寛はそう振り返る。完成形には遠くとも、ビルドアップでもたつくならば前線に素早くボールを供給する。その使い分けが徐々に浸透し、勝ち星が積み重なっていった。
 
 ゴールを量産してチームの順位を押し上げた岸田は、JFL得点王にも輝き、「前期では決め切れなかったが、今のサッカーがJ3でもできれば負けないと思う」と胸を張る。町田から今季新加入し、「朝の疲れていない状態で練習ができている。仕事をしながらサッカーをしている選手も多いが、スポンサーの協力は大きい」と、環境面も好調の要因に挙げた。
 
 サポーターの数も増え続けている。5年前までは数えられるほどの人数だった観客も、ホーム最終戦となった11月2日の維新百年記念公園陸上競技場(維新陸)には、過去最多の4568人が来場。サポーターがフラッグ作りのワークショップを開き、Jリーグに比肩する規模のグルメブースが設けられるなど大いに賑わった。
 
「これだけ盛り上がっているのが力になっている。維新での勝率も良い」と上野監督。維新陸は山口市の市街地に近く、歓楽街の湯田温泉をサポーターがそぞろ歩くなど、数年前までは考えられなかったような光景が広がっている。レノファ熱に呼応するように、地元メディアでの露出機会も増加傾向にある。
 
「選手、クラブ、サポーター、地元メディアがそれぞれの立場で頑張って取り組んできた。どれかひとつでも欠けていたら、今の盛り上がりはなかったと思う」
 
 地域リーグ時代からスタジアムDJを務めている吉永達哉さんにとっても感慨深い。観客数の爆発的な増加とJ3昇格は、関係者の汗が生んだ必然的なリンクだった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月27日号
    9月13日発売
    2018年 J1リーグ
    “最新”クラブ番付
    8項目から勢力図を探る
    川崎ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月20日発売
    2018-19シーズン完全ガイド
    CL新時代。
    出場32チーム名鑑
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24