【釜本邦茂】個人的には1トップに大迫、右は武藤、左に乾、トップ下は本田もいるが…

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西野ジャパンのベスト布陣は? 前線、ボランチの顔ぶれは?

随所に身体の強さを感じさせた武藤。相手に当たり負けず、味方の押し上げを促した。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 パラグアイ戦では、乾、香川とともにもう一人攻撃に良いリズムをもたらしている選手がいた。右サイドハーフを務めていた武藤だ。彼は運動量が豊富なうえに、球際での強さも目立っていたね。そこで球が落ち着いていたこともあって、よく起点になっていたし、乾の2点目も右サイドの武藤からのパスで始まっていた。

 あのまま武藤が出ていたら、もっとゴールを量産できていたんじゃないかなと思うほど、右サイドでよく機能していた。守備面でもインターセプトを狙う場面が多かったし、積極的にやれていたんじゃないかな。

 パラグアイ戦の攻撃陣は概ね合格点。ただ、1トップの岡崎は、守備面での働きは良かったものの、攻撃面ではもう少し周囲との連係で抜け出すシーンなどを作って、アピールしてほしかった。

 そう考えると、日本の前線は1トップに大迫、右サイドに乾、左サイドに武藤、トップ下には西野監督が信頼を置く本田もいるけれど、テストマッチの状況から考えると香川、という顔ぶれが妥当だろう。並びもスイス戦とパラグアイ戦の出来を見れば、両翼を少し前目に配置した3トップ気味のほうが、守備も機能するのではないかな。
 
creativeref:1101l20435
 ボランチはどうだろうか。西野監督は、これまで一貫して長谷部を起用してきたけど、パラグアイ戦では山口も見劣りしないパフォーマンスを見せた。守備的ボランチに関しては、どちらとも言い難い。一方の司令塔的な役割を担う攻撃型のボランチでは、ガーナ戦、スイス戦で安定していた大島がいいだろう。パラグアイ戦の柴崎も決して悪い出来ではなかったが、どちらかと言えばより相手の危険なエリアで仕事をしたほうが、存在感が出ていた。スペースが空き始めた展開になってからの切り札として取っておくのもひとつの手だし、最初から2列目に置いてもいいかもしれない。

 センターバックは経験値から言えば、吉田と槙野のコンビが妥当だろうけど、パラグアイ戦に関しては昌子と植田のパフォーマンスも安定していたし、酒井高は右でも左でもやれることを証明したように思う。GKの3人も含めて守備陣は、強力なアタッカー陣を擁するコロンビアを抑えるべく、どんな組み合わせがベストなのか、思案が必要になりそうだね。

Facebookでコメント

201806150903_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    6月13日発売
    これぞ最終確定版!
    ロシア・ワールドカップ
    出場23か国選手名鑑
    エントリー23人を完全網羅
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月7日発売
    2018ロシア・ワールドカップ
    出場全32か国
    完全選手名鑑
    グループリーグ大展望!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月21日発売
    ロシアW杯出場32か国
    全736選手のプロファイル
    &「夏の移籍」徹底展望
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24