【浦和】土壇場での失点は止まらず… 柏木が、那須が、西川が明かした現状打開への胸の内

カテゴリ:Jリーグ

寺野典子

2015年02月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「しんどい時こそラインを高くして守備をすることも必要だった」と柏木。

ACL初戦の水原三星戦は、終了間際の失点で逆転負け。昨季から4試合連続で、土壇場での被弾が続く。(C) Getty Images

画像を見る

「記者がそんなネガティブな感じで来られても……」
 試合後のミックスゾーンに最初に姿を見せた柏木はいくつかの質問に答えたあと、そう付け加えた。
 
 2月25日のAFCチャンピオンズ・リーグ開幕戦。浦和は敵地で水原三星と対戦し、逆転負けを喫した。
 
 守備を固める相手に攻めあぐねはしたものの前半終了間際に森脇のゴールで先制。後半に同点弾を許しながらも、その後もリスクを冒すことなく時間を進め、最低限の目標である勝点1獲得は目前だった。しかし87分、自陣ゴール前で与えたFKから逆転弾を決められてしまう。
 
 昨季リーグ戦のG大阪戦(88分とロスタイムに失点)、鳥栖戦(ロスタイムに失点)、名古屋戦(89分に失点)とシーズンをまたぎ、4戦連続で終了直前に失点し、貴重な勝点を失った。メディアの表情が曇るのも致し方ないだろう。
 
 とはいえ、柏木とて言葉にしないだけで、敗戦の悔しさは変わらない。「もう少しやりたかった」と話す柏木は67分に李と交代し、ピッチを後にしている。
 
 同点に追いつかれた直後、浦和はなぜか攻め急ぎ、ボールを失う場面が増えた。李の投入と同じタイミングで、青木に代えて鈴木が投入され、チームは落ち着きを取り戻した。その後は相手の攻撃を凌ぎながら、追加点を奪えそうなチャンスも作り出した。しかし、柏木を失った前線では、攻撃が単調になっていたのも事実だ。
 
 その柏木が自身のいないチームについて語る。
「去年のことを反省しつつ『今日は勝点1で終わる。引き分けで終わればいいという試合が絶対にあるよ』というのをもっともっと一人ひとりが認識しないといけない。(2失点目につながった)ファウルも必要なかったと思う。らしくないパワープレーをするというのも自分たちの良さではないと思った。しんどい時にズラタンに預けて、そこでファウルをもらえるというのはすごく大きなこと。だけどそればっかりになっても。しんどい時こそ、ラインを高くして守備をするということもやらないと。ズルズルズルズル下がっていくという、去年の悪いところが出ていた。(新チームに)手応えはあるけど、それが結果につながらなかった。すべてが悪いわけじゃなくて、意思統一が中途半端だったかなという気はする」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    7月19日発売
    永久完全保存版!
    ロシアW杯
    大会総集編
    全64試合を徹底レビュー
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月26日号
    7月12日発売
    総力特集
    躍進!! 日本代表
    世界16強の軌跡
    乾&集合写真ポスター付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月19日発売
    ロシアW杯
    出場32か国の
    通信簿
    欧州開幕直前企画も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24