【日本代表 コラム】4年後を見据えながらも現実路線を採ったアギーレ監督の人選

カテゴリ:日本代表

加部 究

2014年08月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

選ばれたのは「堅守速攻」の構想に則り、伸びしろがあると判断された選手。

アギーレ監督の初陣メンバーには驚きの名前もあったが、その特徴を探れば指揮官の意図は明確なものだ。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 ハビエル・アギーレ監督は、決然と変化を選択した。                        
 
 就任会見では、過去4年間のアルベルト・ザッケローニ時代に対しての言及は避けたが、最初の23名の人選には明確なメッセージが込められた。
 
 アギーレ監督は4年後に照準を合わせてチーム作りを始める。しかし年明けのアジアカップでは優勝がノルマになる。そこでブラジル・ワールドカップの主力を残しながら、一方で敢えてサプライズの人選をした。つまり数か月後に結果を出すメンバーと、近未来を見据えた半ば育成組を用意したことになる。
 
 ザッケローニ前監督も、実績の少ない若手を招集したことがあったが、今回は技術委員会も呆気にとられるほどの人選である。個人的にも、一度も見たことのない選手が日本代表に抜擢されるケースに遭遇したのは、ハンス・オフト時代の高木琢也、森保一以来だった。
 
 そして新顔の特徴を探れば、アギーレ監督が何を求めているかが浮き上がる。ザッケローニ監督は「私はバランスを大切にする」と主張しながら、日本協会の依頼に基づき、ボールを保持しながら攻撃する時間を増やし、数多くのチャンスを築こうとしてきた。俊敏で器用な日本人の特性を活かすためにも、あまりサイズにはこだわらなかった。
 
 だがアギーレ監督は、この流れを踏襲したままでは勝てないと判断した。新顔メンバーに共通するのは高さだ。GK林彰洋、CB水本裕貴、MF扇原貴宏の復帰組、所属クラブでもまだレギュラー当落線上の坂井達弥、皆川佑介、さらにSBとしてはスケールのある松原健、躍進神戸を牽引する森岡亮太。全員が180センチを超えており、当然平均身長は一気に引き上げられた。
 
 一方、大方の予想通りに初選出された武藤嘉紀は、前線から労を惜しまず守備に貢献しながら、カウンターでは飛び出して行けるスピードを持っている。アギーレ監督は「将来性のある選手を」と語っていたが、選ばれたのは「堅守速攻」という構想に則り、伸びしろを持つと判断された選手たちだった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月27日号
    7月13日発売
    2017移籍マーケット
    今夏の注目銘柄30
    セレッソ大阪ダイジェストに
    大迫の独占インタビューも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェストVol.488
    7月20日発売
    欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    ピケ独占インタビュー!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2017年 J1&J2&J3選手名鑑
    2月8日発売
    サッカーダイジェスト責任編集
    NSK MOOK
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.21
    7月12日発売
    夏の決定版!!
    インターハイ選手名鑑
    男子出場全55チームを網羅
    1100選手の顔写真&データ満載
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    6月8日発売
    2016-2017 EUROPE SOCCER TODAY 完結編 詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24