【日本代表】可変システムで「臨機応変さ」を体現したバイプレーヤーは?

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年10月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“5トップ”に近い形になるシーンも

パナマ戦で臨機応変に振る舞っていた室屋。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト編集部)

画像を見る

 2018年10月12日にデンカビッグスワンスタジアムで行なわれたパナマとの親善試合、日本の森保一監督は4-4-2システム(南野拓実がトップ下の4-2-3-1とも見て取れる)でスタートさせた。しかし、90分を通してその4-4-2で戦っていたわけではない。
 
 パナマ戦で見逃せなかったポイントのひとつは、攻撃の局面で3バックに変更していたことだ。例えば、4-4-2では右サイドバックの室屋成がオフェンス時は右ウイングバックになってドリブルで駆け上がると、前線にいる伊東純也、南野拓実、原口元気、大迫勇也を含め“5トップ”に近い形になるシーンもあった。
 
 相手の出方というよりも、能動的にシステムを使い分けている印象があった。これがある意味、森保流ということか。今回のメンバー発表で指揮官は「臨機応変さ」を強調していた点を踏まえても、そういう捉え方ができる。
 
 局面によってシステムを変えていたパナマ戦でキーマンのひとりになっていたのが、室屋だろう。右サイドバックとしてもウイングバックとしても及第点以上のプレーを披露していた点は評価に値した。
 
 4-4-2で左サイドバックだった佐々木翔も、時にはCB、時にはウイングバックと複数の役割が求められていたように見えたが、決して監督主導だっただけではない。
 
 室屋のコメント──「試合の流れを見て、前半はウイングバック的に振る舞ったほうがいい」──が示すのは、選手の自主性だ。その意味でも、「臨機応変さ」が見えた試合であったと言えるだろう。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】日本 3-0 パナマ|コスタリカ戦に続いて3発快勝の森保ジャパン! 南野&伊東がゴールで猛アピール!

【日本代表PHOTO】寒空の中、サムライブルーを後押しした熱きサポーターたち!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月25日号
    10月11日発売
    日本代表・総力特集
    中島、堂安、南野──
    新ビッグ3に成り上がれ!!
    クラブダイジェストは湘南!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月4日発売
    2018-19シーズン開幕版
    欧州主要21クラブの
    「戦術・スタイル」最新ガイド
    現地エキスパートが解析!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24