「ワクワクする時代だ」逸材揃いの若きイングランド代表はベッカムら“黄金世代”を超えられるか!?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベッカムやジェラードたちを超えられるか?

活きの良い若手が揃っているイングランド。そんな“ヤング・ライオン”の中心とも言えるのが、フォデンだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 ロシア・ワールドカップで28年ぶりにベスト4と躍進したイングランド代表は、さらなる飛躍が期待されている。次々に優れた若手が頭角を現しているからだ。

 ガレス・サウスゲート監督は、この10月のインターナショナルウイークで、ドルトムントに所属する18歳ジェイドン・サンチョをはじめ、レスターのジェームズ・マディソン(21歳)、ダービーのメイソン・マウント(19歳)と、若い3選手を初招集した。

 今回は招集外となったが、マンチェスター・シティで活躍を見せ始めているフィル・フォデンなど、今のイングランドは逸材たちの宝庫だ。実際、イングランドはU-17が2017年のEUROで準優勝し、同じ年の同カテゴリーのW杯で優勝を果たした。

 その際に大会最優秀選手に選ばれたフォデンは、デイビッド・ベッカムやスティーブン・ジェラード、フランク・ランパードといった名手揃いだった1990年代後半から2000年代前半にかけての「黄金世代」に、いずれ自分たちも肩を並べることができると信じている。

『ESPN』に対してフォデンは、「間違いないよ。僕たちのチームにはクオリティーのある選手がたくさんいる。ジェイドンがその例だ。彼がフル代表にいるのを見ると自信になる。僕もいつか(フル代表で)彼に加わりたいね」と語った。

「これだけエキサイティングな選手たちが出てきたし、イングランドにとってはワクワクする時代だよ。監督が恐れることなく僕らにチャンスを与えてくれるのも素晴らしい。良いプレーをしていれば、監督は恐れずに招集してくれる」

 イングランドは自国開催だった1966年のW杯を除き、主要大会でトロフィーを掲げられていない。それだけに、フォデンはU-17のW杯優勝を「すごい成功だった」と喜び、今後に生かしたいと続けた。

「自信はあったけど、実際に優勝できたのは素晴らしかった。僕らは何年も忘れないよ。『オレたちはイングランドでW杯を制した』と言えるんだ。ユースのW杯で優勝できたのは、良い練習になる。フル代表で主要大会に臨んでも、すでに経験しているから、自分がやっていること、やるべきことをちゃんと分かっている」

 ベッカムやジェラード、ランパードといったレジェンドたちでも成し遂げられなかった“偉業”を、サンチョやフォデンの“ヤング・ライオンズ”は果たすことができるだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月25日号
    10月11日発売
    日本代表・総力特集
    中島、堂安、南野──
    新ビッグ3に成り上がれ!!
    クラブダイジェストは湘南!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月18日発売
    総勢62名のエキスパートが投票!!
    U-29限定ポジション別
    「タレントランキング」
    次代トッププレーヤーの新序列
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24