「相手だって許しを求めていた!」バルサの一戦で異例事態。両軍がVARの退場判定に疑問を呈す

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年09月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当事者となったジローナMFも「最初は自分のファウルかと…」とコメント

退場となったラングレ(左奥)をかばうように主審へ抗議するブスケッツ(左手前)。「VAR判定には肯定的」としながらも、改善を訴えた。 (C)REUTERS/ AFLO

画像を見る

 今シーズン、公式戦6戦6勝だったバルセロナがついにその歩みを止めた。

 現地時間9月23日に行なわれたラ・リーガ5節、本拠地カンプ・ノウにジローナを迎え入れた一戦は、19分にエースのリオネル・メッシのゴールで先制するも、相手の主砲クリスティアン・ストゥアニの2ゴールで一時逆転される苦しい展開となる。

 その後、猛攻に転じたバルサは、63分にピケのヘディングシュートでドローに持ち込んだものの、勝点3を見込んでいたホームでの手痛い引き分けだったことは言うまでもない。

 この試合でバルサの歯車を狂わせたのは、35分の退場劇だろう。今シーズン、初先発を飾ったフランス人DFクレマン・ラングレが、相手MFポルトゥと交錯した際に肘が顔面に当たっていたとしてVAR判定の末にレッドカードを突き付けられたのである。

 ただ不思議なのは、この退場に両軍の選手たちが懐疑的なコメントを出していることだ。

 奇しくも当事者となってしまったポルトゥは、スペイン紙『AS』で、「最初は自分のファウルかと思った」と正直に話している。

「ギリギリのプレーだったことは言うまでもないよ。だから、接触した時に僕は、起き上がってからラングレに謝り、手を差し出したんだ。同時に笛が吹かれたし、自分のファウルを取られたと思ったんだ。僕が肘打ちを食らったのかは分からない。でも、VARがそういう処分を科したというならば、違反があったということなんだろうね」

 この一連のプレーを目の前で見ていたというバルサのセルヒオ・ブスケッツは、スペイン紙『Marca』の取材に対して、「VARには肯定的だ」としながらも、VAR判定に対する自身の見解を示した。

「ボールはピッチ上にあって、あの接触はごく自然な動きだ。故意に狙っていないものだ。ジローナの選手さえ、主審に許してあげるように求めていたぐらいだよ。VARは、もっと同じ基準において正しく用いられるべきだ」

 両チームの選手がジャッジに疑問を抱くという異例の事態となった今回の退場劇。いまだラングレへの正式な処分は決まっていないが、はたして判定が覆ることはあり得るのだろうか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月25日号
    10月11日発売
    日本代表・総力特集
    中島、堂安、南野──
    新ビッグ3に成り上がれ!!
    クラブダイジェストは湘南!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月18日発売
    総勢62名のエキスパートが投票!!
    U-29限定ポジション別
    「タレントランキング」
    次代トッププレーヤーの新序列
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24