「彼はイニエスタにだってなれる」智将ポチェティーノが太鼓判を押す“未完の大器”

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年09月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やや褒めすぎる傾向にある指揮官だけに…

特大の才能を持つウインクス。指揮官の期待に応え、スターダムを駆け上がっていけるか。(C)Getty Images

画像を見る

 9月14日、トッテナム・ホットスパーのアルゼンチン人指揮官、マウシリオ・ポチェティーノが記者会見に臨み、未完の大器にエールを贈った。
 
 聖地ウェンブリーで行なわれる大一番、リバプール戦を翌日に控えた智将は、この1年近く怪我に泣いてきた司令塔、ハリー・ウインクスについて問われ、こう答えたのだ。
 
「ハリーのフットボールセンスに疑いの余地はない。イングランド代表の未来を背負って立つプレーヤーのひとりなのも間違いないし、私が見た限りでは、シャビやアンドレス・イニエスタのような違いを生み出す選手にだってなれるだろう。クラブと代表の両方で決定的な仕事ができる中心軸にだ」

 
 現在22歳のウインクスは、ハリー・ケインやダニー・ローズ、カイル・ウォーカーらを輩出したスパーズのアカデミー出身。圧倒的な技巧と非凡なパスセンスだけでなく、端正なマスクの持ち主で女性ファンの人気も高く、サポーターにとってはアイドルのような存在だ。しかし2年目の2016-17シーズン、3年目の昨シーズンは足首の怪我に苦しみ、どちらも後半戦をほぼ棒に振った。今シーズンも出遅れてしまい、4節を終えて3試合に出場しているものの、わずか6分間のプレータイムしか与えられていない。
 
 主戦場は中盤センターで、エリック・ダイアーやムサ・デンベレ、ヴィクター・ワニャマといった歴戦の勇士たちと熾烈な定位置争いを演じてきた。ポチェティーノ監督はウインクスのさらなる発奮に期待を寄せている。
 
「図抜けた能力を持っているが、コンシステンシー(継続性)が不足しているのは明らかであり、怪我とも上手く付き合っていかなければならない。そこをクリアすれば大きく飛躍できるはずだから、しっかりサポートしていきたいね。本当の勝負はこれからだよ」
 
 とはいえ、ポチェティーノ監督は選手をやや大袈裟に称えることで有名だ。英紙『Metro』はその点を指摘し、「2016年に監督はユースの有望株、マーカス・エドワーズを“小さなメッシ”だと絶賛した。現在19歳のエドワーズはオランダのスパルタで燻ぶったままだ」とひとつの事例を挙げている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月27日号
    9月13日発売
    2018年 J1リーグ
    “最新”クラブ番付
    8項目から勢力図を探る
    川崎ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月20日発売
    2018-19シーズン完全ガイド
    CL新時代。
    出場32チーム名鑑
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24