先発復帰の中村俊輔が存在感を見せるも…C大阪×磐田は1-1のドロー決着

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年09月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

終盤はC大阪が猛攻を仕掛け、ビッグチャンスも

中村はFKで何度かチャンスを作ったが、ゴールには結びつかなかった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ26節]C大阪1-1磐田/9月14日/金鳥スタ
 
 J1リーグ26節のセレッソ大阪対ジュビロ磐田が14日、キンチョウスタジアムで行なわれ、1-1の引き分けに終わった。
 
 試合が動いたのは55分、先制したのは磐田だった。右サイドでボールを受けた高橋祥平がクロスを上げると、これをGKキム・ジンヒョンがファンブル。すかさず田口泰士が反応してゴール前にボールがこぼれ、櫻内渚がボレーで突き刺した。
 
 ビハインドを背負ったC大阪はその後、ソウザが積極的に攻撃参加して磐田ゴールを脅かす。そうして迎えた78分、ソウザのミドルが相手にブロックされて得たCKから、オスマルが頭で合わせて同点弾を流し込んだ。
 
 C大阪はさらに攻撃の手を強めて逆転弾を狙う。82分にオスマルが決定的なヘディングを見舞い、試合終盤にはソウザ、山口蛍らが立て続けにシュートを放った。しかし、いずれも磐田のブロックにあってゴールはならず。そのまま試合は1-1で終了した。
 
 優勢に試合を進めたC大阪は、キンチョウスタジアム改修前の最後の試合を勝利で飾れず。ユン・ジョンファン監督は、「良い状況は作れたが、逆転できずに残念」と悔しさを噛み殺した。

 一方の磐田は、中村俊輔が4月21日の9節・仙台戦以来、約5か月ぶりとなるスタメン復帰を果たし、セットプレーで相変わらずの存在感を示したが、結果には結び付かなかった。

 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月27日号
    9月13日発売
    2018年 J1リーグ
    “最新”クラブ番付
    8項目から勢力図を探る
    川崎ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月20日発売
    2018-19シーズン完全ガイド
    CL新時代。
    出場32チーム名鑑
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24