ネイマール、“ダイブでイエロー”の判定に怒り! 「敬意を欠いている」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年09月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「PKを与えたくないというなら構わないが…」

9月11日のエルサルバドル戦でも“過剰演技”によりイエローカードを提示されたネイマール。一部には「守られていない」と彼を擁護する声もあるが。(C)Getty Images

画像を見る

 ブラジル代表のネイマールは、9月11日のエルサルバドルとの国際親善試合で1ゴールを叩き出し、5-0の大勝に貢献した。

 一方でネイマールはこの試合、シミュレーションによってイエローカードも受けている。ロシア・ワールドカップでもファウルに対する過剰な反応が批判の対象となったセレソンの背番号10は、主審の判定に納得できないようだ。

『ESPN』によると、ネイマールは試合後にブラジル紙『Globo Esporte』で「どうしていけばいいか分からないね」と怒りをうかがわせた。

「僕がこういうタックルを支持しなければいけないわけじゃない。終わらせる必要があると思っている。だけど、僕が決められることじゃない。だから、何も言わないよ。自分のサッカーを続けるだけだ。(判定は)僕だけじゃなくチームメイトにも敬意を欠いているけどね」
 
 ネイマールは「イエローカードをもらってプレーするのは難しいことだ」と、主審がシミュレーションと判断したのは間違えていると指摘した。

「彼はブラジル代表というビッグチームの試合を担当したのに、こんなこと(判定)をするんだ。正しいとは思わない。PKを与えたくないというなら、それはかまわないさ。だけど、イエローカードは不要だった」

 W杯でのオーバーリアクションが騒がれた際も、批判や揶揄する声があった一方で、ネイマールが多くのファウルを受けており、審判団から守られていないと擁護する意見もあった。

「ダイバー」「過剰演技」などのレッテルが貼られつつあるネイマールだけに、今後も審判たちは難しいジャッジを迫られることになるかもしれない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月27日号
    9月13日発売
    2018年 J1リーグ
    “最新”クラブ番付
    8項目から勢力図を探る
    川崎ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月20日発売
    2018-19シーズン完全ガイド
    CL新時代。
    出場32チーム名鑑
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24