「日本代表の攻撃が最高潮に達した!」 南野拓実ら“リオ五輪トリオ”のゴールを海外メディアが絶賛!!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年09月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「コスタリカ守備陣は相手の動きを見失った」

振り向きざまに蹴ったボールは、DF、そしてGKの足下をすり抜けてゴールに転がった。コスタリカ守備陣は茫然と立ち尽くすだけだった。 (C) Getty Images

画像を見る

 森保ジャパンの船出となった、キリンチャレンジカップのコスタリカ戦。ロシア・ワールドカップでの最終戦となったベルギー戦からはがらりとメンバーを入れ替えて臨んだ一戦で、中島翔哉、堂安律ら若手の攻撃陣が躍動し、3-0で快勝している。

 先制点は、コスタリカDFのオウンゴール。そして勝ち越しの2点目は、現在オーストリアのレッドブル・ザルツブルクでプレーする南野拓実が決めた。

 この南野のゴールに、「普通、あんな狭いところから決める?」と脱帽しているのが、南米エクアドルの地元紙『El Comercio』だ。

「日本との親善試合でのコスタリカの守備は、非常にひとりよがりだった。一方の日本代表は連係も良く、リズミカル。彼らの攻撃が最高潮を迎えたのは、2点目のシーンだ。アジア人たちの素晴らしい柔軟性と連動が、南野拓実のゴールを導いた。

 日本代表は、この試合の偉大なる支配者だったといえる。中央ラインからコスタリカのエリアに攻め込むと、訓練されたアジア人たちは、非常に素早いプレーを多用して、コスタリカの守備陣を切り裂いた。

 おそらく、コスタリカの守備陣は、あまりの素早さと、非常に狭いエリアで繰り広げられた攻撃で、日本人選手たちの動きを見失った。最終的に、南野は十分な時間とエリアを確保でき、あの2点目を決めた」

 南野は、今回、日本代表に招集された植田直通、遠藤航、室屋成、中島翔哉、浅野拓磨ら並んで「リオ五輪世代」のひとり。エクアドル・メディアが称賛した2点目は、中島、遠藤、そして南野と、2年前の五輪に出場したメンバーの連係から生まれたものだ。

 フル代表では出番のなかったこの世代はこれから、ロシアW杯を戦い抜いた選手たちを脅かす存在になるかもしれない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月27日号
    9月13日発売
    2018年 J1リーグ
    “最新”クラブ番付
    8項目から勢力図を探る
    川崎ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月20日発売
    2018-19シーズン完全ガイド
    CL新時代。
    出場32チーム名鑑
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24