中島や堂安だけじゃない。森保ジャパンで希望の光になり得る“超特急コンビ”

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年09月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

つなぐサッカーを封じられた時、“第2の矢”として

コスタリカ戦で見事な連係を見せた浅野と伊東。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 面白いかもしれないと、コスタリカ戦のアディショナルタイムに伊東純也が浅野拓磨のお膳立てからダメを押した直後に、そう感じた。
 
 伊東と浅野がコスタリカ戦のピッチでプレーしたのは8分あまりだが、ともにスピード豊かな“超特急コンビ”がそのわずかな時間帯で新たな可能性を示したように見えた。スピードと言えば浅野頼みだったところが、快足ドリブラーの伊東という選択肢が増えたことで相手に与える恐怖も増したのではないか。
 
 疲労が蓄積している後半の時間帯に浅野に加えて伊東も投入されたら、敵のDFとしては嫌だろう。最終ラインの裏を取られまいとふたりへのマークを意識するあまり他の選手への対応がルーズになる可能性もあり、しんどいはずである。
 
 その意味で、伊東と浅野の“超特急コンビ”は森保ジャパンの切り札になり得る。浅野は裏への走り込み、伊東は高速ドリブルというように特長がはっきりしているため、味方も彼らを使いやすいはずだ。
 
 例えばふたりのスピードを最大限に生かすよう、足もとではなく前方のスペースめがけてパスを送る。こうした意識をみんなで共有できるだけでも戦い方はスムーズになるだろう。
 
 コスタリカ戦では堂安律、中島翔哉、南野拓実の活躍に目を奪われがちだが、浅野や伊東のパフォーマンスも希望の光になったと言いたい。
 
 日本の特徴を活かしたつなぐサッカーを封じられた時、“第2の矢”としてふたりのスピードを利したスタイルに移行する。そうやって戦い方の幅を広げられれば、来年1月のアジアカップで日本は王者に返り咲けるだろう。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月27日号
    9月13日発売
    2018年 J1リーグ
    “最新”クラブ番付
    8項目から勢力図を探る
    川崎ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月20日発売
    2018-19シーズン完全ガイド
    CL新時代。
    出場32チーム名鑑
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24