最終日の駆け込み補強に失敗したマンU、「タイトルを狙えるか?」の質問にモウリーニョ監督は…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「優勝候補は11月か12月に見えてくる」

補強できなければ難しいシーズンになると語っていたモウリーニョだが……。ユナイテッドは宿敵シティとの差を埋められるのか。(C)Getty Images

画像を見る

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は先日、補強が進まなければ2018-19シーズンは「難しいシーズン」になると話していた。

 指揮官が最重視していたのはセンターバックの強化。その課題に向けて、クラブはイングランド代表のハリー・マグワイア、ベルギー代表のトビー・アルデルワイレルド、ドイツ代表のジェローム・ボアテング、コロンビア代表のジェリー・ミナと、数々の著名なCBに関心を寄せてきた。

 だが、そのいずれも獲得には至らず、プレミアリーグのマーケット最終日となった8月9日には、アトレティコ・マドリーに所属するウルグアイ代表のディエゴ・ゴディンを狙ったものの、移籍が実現することはなかった。

 結局ユナイテッドの新戦力は、フレッジ、ディオゴ・ダロー、リー・グラントの3選手のみ。昨シーズンに19ポイント差をつけられた宿敵マンチェスター・シティとの差は、まるで埋められていないとの見方は少なくない。

『ESPN』によると、9日の会見でシティとタイトルを競うだけのチームかを問われたモウリーニョ監督は、「11月か12月あたりまで言葉は不要。その頃には、優勝候補のチームがどこか分かるだろう」と答えている。

「現時点で言葉は重要ではない。サッカーをしよう。そして、11月か12月の結果を見てみようじゃないか。その頃には優勝候補のチームが分かっているはずだから」
 
 望んだ補強は実現しなかったが、モウリーニョ監督は「私には私の選手たちがいて、彼らのことが好きだ」と話し、現戦力に不満はないと主張。「私の選手たちと仕事するのが好きなんだ。一度のウソは、1000回繰り返してもウソに変わらない」と、チーム内部に不穏な空気はないと強調した。

「私と選手たちの関係が良くないと1000回繰り返しても、それはウソだ。私は私の選手たちと私のグループが好きなんだよ。昨シーズンは楽しみ、過去5、6年で最高の順位につけることができた。私は今シーズンを楽しむよ」

 プレミア連覇が期待されるジョゼップ・グアルディオラ監督のシティや、大型補強で対抗馬とされるユルゲン・クロップ監督のリバプールが優勝候補と言われるプレミアリーグだが、モウリーニョ監督のユナイテッドは2012‐2013シーズン以来となるリーグ優勝を成し遂げられるだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月25日号
    10月11日発売
    日本代表・総力特集
    中島、堂安、南野──
    新ビッグ3に成り上がれ!!
    クラブダイジェストは湘南!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月18日発売
    総勢62名のエキスパートが投票!!
    U-29限定ポジション別
    「タレントランキング」
    次代トッププレーヤーの新序列
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24