【総体】今大会2度目のハット&3戦連発!富山一の10番が指揮官の言葉に奮い立った理由

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2018年08月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今大会は圧巻のパフォーマンスを見せているが、大会前は不調に陥り…

今大会2度目のハットトリックでチームを8強入りに導いた小森。決定力の高さは高校屈指のレベルだ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 [インターハイ2回戦]富山一3‐0長崎日大/8月9日/三重交通G
 
 今大会で唯一ハットトリックを決めていた男が、再び衝撃のプレーを見せた。

 8月9日、富山一は3回戦で長崎日大と対戦。序盤は「自分たちの動きが堅かったかもしれない」という大塚一朗監督の言葉通り、チームは思い通りにゲームを運べない。中盤でボールを奪えず、時間だけが経過した。
 
 しかし、潮目が変わったのは前半25分過ぎのクーリングブレイク(酷暑での開催時に設けられている休息時間)。守備の立て直しを図ると、試合の主導権を手繰り寄せる。そして、後半開始早々の3分。左サイドからボールを受けた小森飛絢(3年)が右足で強烈な一撃を捻じ込むのだ。
 
 これで勢いづいた小森は12分にもゴールを挙げる。2点を奪った後は「得点を取れそうで取れなかった」が、小森がアディショナルタイムに再び輝きを放つ。相手DFがペナルティエリアの外でボールを弾くと、こぼれ球に反応した10番が豪快に右足でネットを揺らした。

 最終盤の一撃で今大会2度目のハットトリックを達成。小森はチームを5年ぶりのベスト8に導いた。

 3試合連続弾となる通算7ゴール目。小森は堂々たる成績で今大会の得点王争いトップを走っているが、開幕前は意外にも不調に陥っていたという。

 富山一が大会直前に三重県内で行なった四日市大との練習試合。その一戦で小森は1対1をことごとく外してしまうのだ。

 試合を押し気味に進めながら、チームは自身の低調な出来もあって敗戦。その小森は低調なプレーから途中交代を命じられていた。
  
 そして、ピッチを去った後の出来事だ。
 
「大塚さんに呼ばれて『今日どうだったのと聞かれて』、ダメだったと答えました」
 
 ベンチに下がった後にこう答えると、即座に大塚監督から叱責を受け、「このままだとメンバーから外すぞ」と言われたという。

 この一件が小森の闘志に火を付ける。なぜならば、不甲斐ない結果で終われない理由があったからだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    7月19日発売
    永久完全保存版!
    ロシアW杯
    大会総集編
    全64試合を徹底レビュー
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月23日号
    8月9日発売
    W杯戦士の新シーズンを占う
    「欧州組」開幕ガイド
    乾貴士・独占インタビュー
    FC東京ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月2日発売
    2018-2019シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    5大リーグを徹底プレビュー
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24