モウリーニョは準決勝敗退のイングランドをどう見た?「泣く理由と楽観する理由がある」【ロシアW杯】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

決勝進出を逃したイングランドにモウリーニョが寄せた言葉は?

長年に渡ってプレミアリーグでメジャータイトルを獲得してきたモウリーニョの目には、ロシアで躍動したイングランド代表は、どのように映ったのだろうか。 (C) Getty Images

画像を見る

 7月11日に行なわれたロシア・ワールドカップ準決勝は、クロアチアがイングランドを延長戦の末に2-1と下し、史上初の決勝進出を決めた。

 1966年以来52年ぶりとなる栄光を目指したイングランドは、開始5分にキーラン・トリッピアーのゴールで先制したものの、後半にイバン・ペリシッチのゴールで同点とされると、延長戦で決勝点を献上。前回ベスト4まで進んだ1990年大会と同じく、準決勝で夢を絶たれた。

 だが、長年に渡ってイングランドのプレミアリーグで辣腕を振るうジョゼ・モウリーニョ(現マンチェスター・ユナイテッド監督)は、“スリーライオンズ”の未来は明るいとみているようだ。

 英メディア『Sky Sports』によると、モウリーニョ監督は、ロシアのニュース局『RT』の番組で、「決勝に近づいたのだから泣く理由があるが、楽観できる理由もある」と、イングランドの躍進に賛辞を寄せた。
 

「これまでから大きく改善された。若いチームで、大半がクラブでさらに経験を積み、次のW杯に出場するはずだ。私が協会の人間なら、(ガレス・)サウスゲイト監督たちを続投させ、次のEUROとW杯を任せることは疑いない。すべてを出し尽くし、国を誇らしくさせた。W杯に関わったすべての人たちが、その誇りをもって帰国できるはずだ」

 一方で、モウリーニョ監督は、「自国リーグがマイナーで、大半が国外でプレーする国にとって大きな快挙だ」と、初のファイナル進出を決めたクロアチアも称賛している。

「私も分かるが、国外で仕事をすると、自分の国の感じ方が違ってくるんだ。だから、彼らにとって、母国に戻り、クロアチアのような国をW杯の決勝まで導いたことは、素晴らしいことなんだよ」

 3位に終わった1998年大会を上回る快挙を達成したクロアチアは、このまま優勝することができるのか。フランスとの運命の決勝戦は、15日に行なわれる。
 
【関連記事】
「君たちは未完の交響曲だ」「美しく戦った」ハリポタ俳優ら著名人がイングランド代表に賛辞!【ロシアW杯】
C・ロナウド獲得でユベントスの新布陣はどうなる? 新戦術の方程式は「J=CR7+10」
「職も金もなく、政治家は私腹を肥やす。でも今日だけは…」快挙に沸くクロアチア国民は英雄たちに涙【ロシアW杯】
【セルジオ越後】"空白"を埋めるには世代交代が不可欠。森保監督に任せるのもひとつの手だ
C・ロナウドのユーベ・ユニホームが早くも爆発的セールスを記録! 公式ショップでは「1分に1枚」売れる!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月28日発売
    ロシアW杯総力特集
    西野ジャパン
    激闘の舞台裏
    名場面ポスター付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月5日発売
    2018ロシアW杯
    グループリーグまとめ
    欧州有力クラブ
    「刷新プラン全容」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24