優勝したらいくらもらえる? 日本代表は何億円を手に? ロシアW杯の賞金をひとまとめ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は8年前の「ベスト16」より3億8500万円増!

日本の場合、グループリーグで敗退していれば「10億4500万円」で、ベスト16よりも4億4000万円減。これはかなりの落差だ。ひとつの勝利、ひとつのゴール、ひとつのポイントが賞金総額をも大きく左右する。(C)Getty Images

画像を見る

 6月14日に開幕したロシア・ワールドカップはこれまでに62試合を消化し、残すところ3位決定戦と決勝の2試合のみとなった。前者がベルギーvsイングランド戦、後者がフランスvsクロアチア戦。熱狂の宴もいよいよ日曜日にフィナーレを迎える。
 
 ところで、ワールドカップで優勝したらどれくらいの賞金をもらえるかをご存じだろうか。今大会の賞金総額は過去最高の4億ドル(約440億円)! 勝ち進んだステージによって付与される賞金はかなり違ってくる。以下の通りだ。
 
優勝→3800万ドル(約41億8000万円)
準優勝→2800万ドル(約30億300万円)
3位→2400万ドル(約26億4000万円)
4位→2200万ドル(約24億2000万円)
ベスト8→1600万ドル(約17億6000万円)
ベスト16→1200万ドル(約13億2000万円)
グループリーグ→800万ドル(約8億8000万円)

 
 賞金とは別に、いわば基本給とも言える「出場準備金」があり、こちらは全出場国に150万ドル(約1億6500万円)ずつ支給される。これと賞金の合算額が、チームの受け取る報酬となる。よって優勝チームは3950万ドル(約43億4500万円)を手中に収める計算で、ベスト16まで勝ち進んだ日本代表は1350万ドル(約14億8500万円)をゲットした。ちなみに2010年の南アフリカ大会でも日本はグループリーグを突破して16強に食い込んだが、当時の賞金は1000万ドル(約11億円)。8年間でどれだけ増額されているかが分かるだろう。
 
 FIFA(国際サッカー連盟)からの分配金総額は、賞金を含めて7億9100万ドル(約870億円)で、前回のブラジル大会よりも実に40%増だ。賞金のほか、選手を派遣したクラブに分配する「クラブ・ベネフィット・プログラム」、大会中に怪我をした選手の損失分を補填する「クラブ・プロテクション・プログラム」にも活用される。
 
 グループリーグを突破するか否かで大きく異なり、3位か4位かでも2億2000万円も違ってくる。ワールドカップの3位決定戦は、単なる消化試合ではないのだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月28日発売
    ロシアW杯総力特集
    西野ジャパン
    激闘の舞台裏
    名場面ポスター付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月5日発売
    2018ロシアW杯
    グループリーグまとめ
    欧州有力クラブ
    「刷新プラン全容」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24