【決定カード・ロシアW杯決勝】フランス×クロアチア|対照的な道のりを辿ってきたチーム同士の最終決戦!

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2年前の雪辱も狙うフランスは通算成績で無敗

順調に勝ち進んできたフランス(左)より1試合分以上多く(90分+2度のPK戦)プレー してきたクロアチア(右)。頂上決戦では、どのような試合が展開されるか!? (C) Getty Images

画像を見る

 ベルギーの猛攻をしのぎながら、後半開始早々にセットプレーからウンティティのヘッドで先制し、残り時間で試合をコントロールして貫禄の勝利を飾ったフランスは、2006年ドイツ大会以来の決勝進出。一方、イングランドに開始5分で先制されながらも、ペリシッチ弾で同点、延長戦は主導権を握り続けながら延長のマンジュキッチで逆転勝利を飾ったクロアチアは、初のファイナリストとなった。
 
◇今大会成績
フランス
・グループリーグ
グループC1位:2勝1分け・3得点1失点
○2-1 オーストラリア
得点者:グリエーズマン、オウンゴール
○1-0 ペルー
得点者:エムバペ
△0-0 デンマーク
・決勝トーナメント1回戦
○4-3 アルゼンチン
得点者:グリエーズマン、リュカ、エムバペ(2点)
・準々決勝
○2-0 ウルグアイ
得点者:ヴァランヌ、グリエーズマン
・準決勝
〇1-0 ベルギー
得点者:ウンティティ
 
クロアチア
・グループリーグ
グループD1位:3勝・7得点1失点
〇2-0 ナイジェリア
得点者:オウンゴール、モドリッチ
○3-0 アルゼンチン
得点者:レビッチ、モドリッチ、ラキティッチ
〇2-1 アイスランド
得点者:バデリ、ペリシッチ
・決勝トーナメント1回戦
△1(3PK2)1 デンマーク
得点者:マンジュキッチ
・準々決勝
△2(4PK3)2 ロシア
得点者:クラマリッチ、ヴィーダ
・準決勝
〇2-1 イングランド
得点者:ペリシッチ、マンジュキッチ
 
 両国のW杯での対戦は過去に一度だけ実現している。それは1998年、フランスで開催された大会の準決勝だった。
 
 サンドニでの一戦、初出場のクロアチアは前半で開催国の攻撃をしのいで反撃に転じ、後半が始まってすぐにシュケル(同大会得点王)のゴールで先制したが、フランスは直後にSBのテュラムが同点ゴールを決め、攻勢に立った後、再びテュラムにファインゴールが生まれ、地元観衆の大歓声のなかで決勝進出を決めた。
 
 公式戦ということでは、EURO2004でもグループリーグで顔を合わせ、2-2の引き分けに終わったが、フランスの先制点はクロアチアのDFトゥドールのオウンゴールによるものだった。この後、クロアチアはリーグ敗退を喫し、フランスもベスト8でその歩みを止めている。
 
◇通算対戦成績&結果
(フランスの)3勝2分け
2011年 フランス 0-0 クロアチア(親善試合)
2004年 クロアチア 2-2 フランス(EURO GL)
2000年 クロアチア 0-2 フランス(親善試合)
1999年 フランス 3-0 クロアチア(親善試合)
1998年 フランス 2-1 クロアチア(W杯 SF)
※GL=グループリーグ SF=準決勝
 
 過去5度の対戦で、クロアチアは一度もフランスに勝ったことがないが、果たして今回の頂上決戦ではどうなるだろうか。
 
 攻撃にはグリエーズマン、エムバペ、ポグバら、守備ではGKロリスを中心に、最終ラインのヴァランヌ、ウンティティ、そして中盤のカンテと、世界トップレベルの陣容を備えたフランスに対し、クロアチアもモドリッチ、ラキティッチ、マンジュキッチ、ペリシッチらによる攻めが効果的で、守護神スバシッチらを中心としたDFラインも大奮闘を見せている。
 
 両国のここまでの歩みは対照的で、フランスが決勝トーナメントの3試合全てにおいて90分間で決着がついたのに対し、クロアチアはデンマーク、ロシアをPK戦で下し、準決勝でもイングランドと延長戦にもつれ込む激闘を演じた。
 
 普通に考えれば、また過去のW杯の事例を見れば、体力的な面で明らかにフランスが有利と言えるが、すでに様々な前例が破られているだけに、何が起こっても不思議ではない。一方で、20年おきに新しい世界王者が誕生するという“法則”もあるようだが、今回は果たして!?
 
 フランスは2年前の自国開催のEUROでは、ポルトガルとの決勝戦、戦前に有利を予想され、試合に入ってからは相手が早々にエースのC・ロナウドを負傷で欠くという大きなアドバンテージを得たものの、1点を奪えずに延長戦の末に敗れるという悪夢を味わった。
 
 当然、フランスはその雪辱を誓うとともに、98年大会以来の歓喜の再現を狙っており、一方、初の決勝進出を果たしたクロアチアは、さらにその勢いを保って新しい歴史を作ろうとしている。
 
 ついに世界王者が決まる最後の一戦は、7月15日(日本時間・16日0時開始)、モスクワで行なわれる。
【関連記事】
現地直送! ロシアを彩る『美しすぎる』世界のサポーターたち
さすが美女大国! ロシアW杯で出会った「美しすぎる」「可愛いすぎる」スタッフ!
【セルジオ越後】ロシアW杯で勝てたのは“運”が味方したコロンビア戦のみ…1勝1分2敗の結果は誇れない
「誇らしい」「期待を大きく上回る結果」 52年ぶりの快挙達成ならずも英メディアはイングランドに賛辞【ロシアW杯】
クロアチアが初の決勝進出!! イングランドとの死闘を制しフランスとの頂上決戦へ【ロシアW杯】
今回はいかなる歴史が生まれるか!? 決戦を前に「4強」の過去の準決勝を振り返る【ロシアW杯】
【ロシアW杯】グループリーグ順位表・日程・結果
【データで見る】クロアチア×イングランド|詳細マッチスタッツ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    7月19日発売
    永久完全保存版!
    ロシアW杯
    大会総集編
    全64試合を徹底レビュー
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月26日号
    7月12日発売
    総力特集
    躍進!! 日本代表
    世界16強の軌跡
    乾&集合写真ポスター付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月19日発売
    ロシアW杯
    出場32か国の
    通信簿
    欧州開幕直前企画も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24