「なんだこの精神力は!」仏メディアが劇的勝利のクロアチアを手放し称賛!【ロシアW杯】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ペリシッチの同点ゴールが分岐点だった」

タイムアップの瞬間、モドリッチとマンジュキッチが歓喜を爆発させる。クロアチアが史上初のW杯決勝進出を決めた。(C)Getty Images

画像を見る

 ロシア・ワールドカップの決勝カードが確定した。20年ぶり2度目の世界制覇を狙うフランス代表の相手は、延長戦の末にイングランドをねじ伏せたクロアチア代表だ。
 
 決勝で対峙するライバルの戦いぶりを手放しで称賛したのが、フランスの2大紙である。全国スポーツ紙『L’Equippe』は「さあ再戦だ!」と銘打ち、1998年フランス大会の準決勝を持ち出して速報。「20年前の準決勝でレ・ブルー(フランス代表の愛称)は2-0で勝利したが、今回の舞台はファイナルだ。なにが起こるか分からないし、当時のクロアチアよりも今回のほうがグループとしてのまとまりが強い。なんだこの精神力は!」と称えている。
 
  ノックアウトラウンド以降は、ラウンド・オブ16のデンマーク戦、準々決勝のロシア戦、そして準決勝のイングランド戦とすべて先制されながら追いつき、2試合は延長戦の末のPK戦でモノにし、イングランド戦は延長戦でゲームをひっくり返した。その無尽蔵のスタミナと強靭なメンタリティーに世界中が驚嘆の声を上げている。

 
 かたやフランスのサッカー専門誌『France Football』は「分岐点は68分のイバン・ペリシッチの同点ゴールだった。イングランドの運動量はガクっと落ち、クロアチアの波状攻撃に対応できなくなっていったのだ。延長戦は前半こそ凌いだが、後半は勢いの差が明らかだった」と綴った。クロアチアは勝つべくして勝ったという論調だ。
 
 決勝は7月15日、モスクワのルジニキで行なわれる。ともにチームとしての完成度が高いだけに、手に汗握る攻防戦が期待できそうだ。
 
【関連記事】
「歴史的な成功だ!」「驚異的だった」 クロアチア史上初のファイナル進出に母国メディアも大興奮!【ロシアW杯】
「あれ以上はやれない。すべて出し切った」敗軍の将、サウスゲイトは最後まで清々しく【ロシアW杯】
「誇らしい」「期待を大きく上回る結果」 52年ぶりの快挙達成ならずも英メディアはイングランドに賛辞【ロシアW杯】
さすが美女大国! ロシアW杯で出会った「美しすぎる」「可愛いすぎる」スタッフ!
「マジでカワイイ!」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナが最新自撮り写真を公開!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月28日発売
    ロシアW杯総力特集
    西野ジャパン
    激闘の舞台裏
    名場面ポスター付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月5日発売
    2018ロシアW杯
    グループリーグまとめ
    欧州有力クラブ
    「刷新プラン全容」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24