【天皇杯】2戦連続の金星ならず。アマチュア勢唯一の生き残り、関西学院大は東京Vに惜敗…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関西学院大は試合終盤まで善戦していたが…

東京Vは変化を付けたFKから平(5番)が前半の終盤に先制点。苦しい時間帯もあったが、4回戦進出を決めた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 7月11日、天皇杯3回戦が各地で開催され、味の素フィールド西が丘ではJ2の東京Vとアマチュア勢で唯一勝ち残っている関西学院大(兵庫)の一戦が行なわれた。
 
 東京Vは直近のリーグ戦からスタメンを総入れ替え。中盤の底には元日本代表の橋本英郎、左SBにロンドン五輪代表候補歴を持つ比嘉祐介などを起用し、試合に臨んだ。
 
 一方の関西学院大はG大阪入団内定のSB高尾瑠が負傷欠場となったが、技巧派のトップ下・山本悠樹やG大阪ユース時代に2種登録をされた経験を持つ岩本和希などが先発。G大阪を撃破した2回戦同様のジャイアントキリングを成し遂げるべく、キックオフを迎えた。
 
 試合は序盤から戦前の予想通り、東京Vのペース。4-3-3の最前線に入ったアラン・ピニェイロを起点にボールを動かしながら、ゲームの主導権を掴む。ただ、決定機を作るまでには至らず、なかなか均衡を破れない。
 
 東京Vが攻めあぐねていると、15分頃から関西学院大が反撃を試みる。4-1-4-1のシステムが立ち上がりこそハマらなかったが、高い位置からプレスを掛けたことで攻撃に転じる時間が増加。40分には林部晃己がゴール前で鋭い一撃を見舞うなど、格上の相手に対して堂々たるプレーを披露した。

 一進一退の展開が続くなかで、東京Vが一瞬の隙を突いて先制点を奪う。前半終了間際の42分だ。ゴールから30m付近でFKを獲得すると、サインプレーから林昇吾が得意の左足で強烈なミドルシュートを放つ。これがGKのファンブルを誘い、最後は平智広が押し込んで先制点を奪取。苦しみながらも東京Vが前半を1-0で折り返した。

 迎えた後半も前半同様に拮抗。東京Vがパスを回しながら好機を窺えば、関西学院大は高い位置でボールを引っかけて素早くゴールを目指した。

 たが、お互いに得点を奪えず、スコアは動かない。終盤に入ると、1点ビハインドの関西学院大はフレッシュな選手を投入し、攻撃の活性化を図る。80分には途中出場の山見大登がゴール前でGKと1対1に。しかし、シュートはバーを越えてしまい、同点に追い付くチャンスを逃してしまう。

 その後もビックチャンスをたびたび作るが、最後の精度を欠いて無得点。ビハインドを跳ね返せなかった関西学院大は3回戦で敗退となり、2回戦のG大阪戦に続く金星とはならなかった。

 対する東京Vは虎の子の1点を守り切り、なんとか4回戦進出を果たした。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月27日号
    9月13日発売
    2018年 J1リーグ
    “最新”クラブ番付
    8項目から勢力図を探る
    川崎ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月20日発売
    2018-19シーズン完全ガイド
    CL新時代。
    出場32チーム名鑑
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24