「ピッチ上には11頭の犬がいた」殊勲のウンティティ、強い意志を示したチームを誇る【ロシアW杯】

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「以前はCKの時はピッチの中央にいたが…」

マークについたフェライニの前で先にボールに触れ、フリックでゴールネットを揺らしたウンティティ。守備でも身体を張ってベルギーの攻撃をはね返し続けた。 (C) Getty Images

画像を見る

【7月10日・サンクトペテルブルク|準決勝 フランス 1-0 ベルギー】

 スコアレスで迎えた後半の6分、フランスはCKを獲得。グリエーズマンがゴール前にライナー性のボールを送ると、ニアでウンティティが頭で合わせ、名手クルトワの守るゴールを破った。CBのこの貴重な先制ゴールにより、フランスは主導権を握り、残り時間では堅守と鋭いカウンターを披露して、貫禄の勝利を飾った。

 これまで最終ラインでチームを支えてきた24歳が、2006年ドイツ大会以来の決勝へ母国を導いた英雄となった。試合後、殊勲のウンティティは、自身のゴールを振り返りながら、チームメイトたちを称えるとともに、最後の一戦への意気込みを語っている。(フランス『L’EQUIPE』紙より)

――◇――◇――

 我々はともに戦い抜いた。確かに、ゴールを決めたのは自分だが、我々はともに守り、努力し、そして決勝戦進出という報酬と得ることになった。我々はしっかりと仕事を果たした。今日、ピッチには「11頭の犬」がいて、自分たちが勝つという強い意志を持って戦い続けた。

 ゴールが決まった瞬間は、まさにクレイジーだった。数週間前まで、CKの時はピッチの中央にいて見ていたのが、その後、ポストの前に立つことになり、今夜、こうしてゴールが生まれた。

 まだしっかりと認識できていないが、自分たちが何か大きなことをやったということは分かっている。だが、もっともっと大きな試合が1つ残っている。W杯を勝ち取るために、決勝では全てを出し尽くしたい。
【関連記事】
現地直送! ロシアを彩る『美しすぎる』世界のサポーターたち
さすが美女大国! ロシアW杯で出会った「美しすぎる」「可愛いすぎる」スタッフ!
「新しい歴史の扉を開く時」史上3度目の決勝進出を成し遂げたフランスに地元紙が歓喜!【ロシアW杯】
「鋼のように結束!」「ベルギーを寄せ付けず」フランスの完勝を英紙が絶賛!【ロシアW杯】
「2年前の敗北をまだ消化できていない」 選手&指揮官の両方での優勝に王手のデシャン監督、EUROの雪辱を誓う【ロシアW杯】
「ここまで応援できるとは…」長友佑都が敗退した“好敵手”ベルギーに熱いエール!
【ロシアW杯】グループリーグ順位表・日程・結果

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月27日号
    9月13日発売
    2018年 J1リーグ
    “最新”クラブ番付
    8項目から勢力図を探る
    川崎ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月20日発売
    2018-19シーズン完全ガイド
    CL新時代。
    出場32チーム名鑑
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24