「昔のイングランドと戦いたかった」大一番を前に名手モドリッチが本音をポロリ【ロシアW杯】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ハリーはすごいストライカーに成長した」

32歳で迎えた3度目のW杯で、神懸かりなパフォーマンスを連発している。モドリッチと“プレミア勢”の至高のバトルに注目だ。(C)Getty Images

画像を見る

 水曜日に迫ったロシア・ワールドカップ準決勝、イングランドvsクロアチアの大一番。このゲームに並々ならぬ意欲で臨む名手がいる。クロアチアの至宝、ルカ・モドリッチだ。
 
 2008年夏にディナモ・ザグレブからトッテナム・ホットスパーに移籍し、丸4年間プレーした。ワールドクラスへの階段を駆け上がった思い出深いクラブであり、プレミアリーグに対しては「いまでも恋しく感じることがある」と語るほど。現在は世界王者レアル・マドリーで不動の地位を築いているが、身体にはプレミアのDNAが染みついている。
 
 やはりイングランド代表との対戦には、感慨深いものがあるようだ。
 
「いまのイングランド代表には、僕がプレミアでプレーしていた頃にはまだ芽が出ていなかった若い選手たちが多いけど、やっぱり心にグッと来るものがある。彼らとこんな最高の舞台で再会できるなんて、本当に嬉しいよ。昔に比べてチームのスタイルは洗練されていて、パスを重視しているね。僕たち(クロアチア代表)と変わらずポゼッションを大事にしている。(CBの)ジョン・ストーンズがすごくボールに触っていて、まるでマンチェスター・シティのようだ。本心を言えば、昔のままのイングランドと戦いたかったけどね(笑)」
 
 
 トッテナム在籍当時にチームメイトだった現メンバーは、ハリー・ケイン、ダニー・ローズ、カイル・ウォーカーの3人。「みんなまだ若くて、野心に溢れていて、途轍もないポテンシャルを秘めていた。なかでもハリーはまだ10代だったけど、あの頃から練習熱心でハードワーカーだったな。すごいストライカーに成長したものだよ」と微笑む。
 
 警戒しているのは、スリーライオンズお得意のセットプレーだ。
 
「彼らのセットピースは脅威だ。(ハリー・)マグワイアにハリー、ストーンズと決め切れるターゲットがいて、バリエーションも豊か。僕たちはロシア戦(準々決勝)でセットピースから手痛いのをひとつもらっているから、しっかり対応しなければいけない」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    7月19日発売
    永久完全保存版!
    ロシアW杯
    大会総集編
    全64試合を徹底レビュー
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月26日号
    7月12日発売
    総力特集
    躍進!! 日本代表
    世界16強の軌跡
    乾&集合写真ポスター付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月19日発売
    ロシアW杯
    出場32か国の
    通信簿
    欧州開幕直前企画も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24