滑稽だった「3度のPK主張」…ネイマールが精神面の甘さを露呈してロシアW杯を去る

カテゴリ:ワールド

白鳥大知(ワールドサッカーダイジェスト)

2018年07月07日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VAR判定を含めてシミュレーションでのPK獲得は難しい。

主審に食い下がってPK主張を続けたネイマール。その振る舞いはあまりに滑稽だった。 (C) Getty Images

画像を見る

【ロシアW杯準々決勝】ブラジル 1-2 ベルギー/7月6日/カザン・アレーナ

 3大スターとして注目されたリオネル・メッシとクリスチアーノ・ロナウドに続き、ネイマールのロシアW杯も早々に終焉を迎えた。

 セレソンのエースは、左サイドを突破してクロスを上げた15分、裏に抜けてマイナスのパスを折り返した84分、中央でフリーになってミドルシュートを狙った94分などにビッグチャンスに絡んだものの、ゴールやアシストなど目に見える結果は残せなかった。とりわけ最後のシーンは決めていれば、まさにヒーローだったが、ティボー・クルトワのファインセーブに阻まれた。

 今大会はファウルを受けた際のオーバーリアクションが批判の対象になってきたせいか、ここまでの試合と比べれば大袈裟に痛がったり、ゴロゴロと無用に転げたりするシーンは少なかった。
 

 しかし、いずれもペナルティーエリア内で倒れた45分と52分は、PKをアピールするもノーファウルの判定。ともに目の前で見ていたレフェリーは笛を吹かなかった。さらに91分にはゴール前でクロスに飛び込んで相手のプッシングを主張も、こちらも無駄なアピールに終わった。

 今大会はVARの導入もあり、とりわけPK判定でレフェリーの目を欺くのは不可能に近い。ネイマール自身もグループリーグ第2戦のコスタリカ戦で一旦はPKを取るが、VAR判定で取り消しになっている。そんな中で見せた3度のPK主張はやや滑稽に見えたし、やはり精神的に成熟できていないことを伺わせた。

 サッカー王国が誇る至宝は、「大人」になりきれないままロシアを去った。

取材・文:白鳥大知(ワールドサッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月28日発売
    ロシアW杯総力特集
    西野ジャパン
    激闘の舞台裏
    名場面ポスター付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月5日発売
    2018ロシアW杯
    グループリーグまとめ
    欧州有力クラブ
    「刷新プラン全容」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24